記事制作は社内と外部委託どっちがいい?メリット・デメリット、外注時のポイント

SEO

オウンドメディアを運営する場合、安定して記事をアップしていく必要があります。

これは、情報が最新のものでなければ検索上位になりにくいだけでなく、メディアの閲覧数も増えにくいためです。

では、継続的に記事を制作する場合、何を意識すればよいのでしょうか?

記事制作の方法や外注をおこなう場合の注意点などについてみていきましょう。

記事制作の方法は2種類

記事制作の方法は、大きく分けると2種類があります。

それぞれの方法の違いについて把握し、比較・検討してみましょう。

社内制作

社内制作する場合は、ライターを雇用して記事制作をおこなうスタイルです。

雇用形態は正社員・契約社員、アルバイト、派遣社員などさまざまです。

雇用をせずとも、社内でライティング適性のある人材を起用する方法もあります。

社内制作をおこなう場合、以下のポイントを満たしていることが重要です。

1.ライターのほかに、ディレクター・編集者が存在している
2.ライターに直接的な指導ができるスキルがある
3.疑問点に応えられる知識がある

外部委託

業務委託契約によって制作代行会社や個人と契約し、自社のリソースを減らして記事制作をおこなうスタイルです。

金銭的な取り決めだけでなく、法的な取り決めも必要となるため、業務委託契約が必要です。

ライティングのみを個人へ外部委託する場合は、社内制作を行う場合の3つのポイントを同様に満たしていることが重要になります。

社内に記事制作のノウハウやディレクター・編集者のスキルを持つ人材が不在の場合には制作代行会社や、メディア運営を得意とする個人への外部委託が選択肢としてあります。

記事制作を社内でおこなうメリット・デメリット

記事制作を社内でおこなうメリットとデメリットを見ていきましょう。

社内制作のメリット

ここでは、社内製作のメリットを見ていきましょう。

社内制作では、ライターや編集者・ディレクターが社内に存在することから意思疎通がしやすく、記事のクオリティや効果を細かく共有しながら改善を繰り返すことも可能です。

契約の手間と委託費用を抑えられる

社内制作は、外注と比較した場合、以下のようなコストを抑えることが可能です。

・契約の手間
・委託費用

外部委託をする場合は、契約を行うための諸々の手続きが必要となり、契約する会社や個人が多くなるほど手間がかかります。

社内制作であれば、そういった手続きは必要ありません。

また、委託費用が発生しないため、社内の人件費で制作することが可能です。

品質面が安定する

社内制作であればそのオウンドメディアを熟知したライターを育成できるため、自社の特徴や目的、製品・サービスをしっかりと把握したうえで記事を作成できます。

社内にいるため細かなコミュニケーションも取りやすく、編集者やディレクターとのスムーズな連携が可能です。

そのため、記事のクオリティは安定しやすくなります。

社内制作のデメリット

社内制作のデメリットは、主に人的リソースが足りなくなりやすい点です。

社内人材は多くの場合は、ほかのマーケティング施策などオウンドメディア以外の業務を兼務しているでしょう。

そのほか、社内で発生する突発的な業務も対応しなければならず、担当者のリソースが減り、結果的に継続的な記事制作が難しくなることも少なくありません。

記事制作を外部委託するメリット

記事制作の外部委託は、自社のリソースに頼らなくて済むことが最大のメリットです。

短期間で多くの記事が用意できる

制作代行会社や個人に委託する場合、その委託先を増やすことで、短い納期で記事を量産することも可能です。

制作代行会社であればコストはかかるものの、多くの記事を制作する体制が構築されているところが多いため、記事を量産する際の心配を軽減できます。

記事制作以外の業務に取り組める

オウンドメディアを運営する場合、ライターが足りなければディレクターや編集者が記事を執筆することもあるでしょう。

しかし、外注をすれば、社内リソースを抑えて、記事効果の測定やサイト設計の見直しなどの本来の業務に残ったリソースを充てることが可能です。

記事の質や量を担保することは重要ですが、それ以上にどのような広告をおこなうのかといったマーケティング施策も必要です。

そうした点から、外注を上手く利用している企業は多くあります。

プロに任せられる

実績のある制作代行会社・個人は、記事制作におけるプロです。

企画力やライティングのノウハウ、SEO対策などそれぞれの精通している分野をもっていることも多いため、そうしたプロと連携することでメディアの底上げにもつながります。

記事制作を外注するデメリット

ここでは、記事制作を外注する場合のデメリットについて解説していきます。

金銭的なコストがかかるだけでなく、明確な指示がなければ、記事のクオリティそのものの担保が難しくなる点には注意が必要です。

費用と手間がかかる

社内のリソースに頼らない人材を確保する場合、それなりの金銭的なコストが発生します。

クラウドソーシングサービスなどで安価で依頼することも可能ですが、実績のある制作会社や個人に依頼する場合は、記事の数量や文字数に比例して、単価も高くなります。

クオリティを担保するためには必要なコストであるものの、予算を超える金額で依頼することは難しいため、どういった記事を作りたいかを踏まえて適切な委託先を検討する必要があります。

また、検討するうえで実績や評判、特徴などを分析することも重要なので、制作代行会社や個人のライターを探す手間が発生することもデメリットと言えます。

クオリティのバラつきがある

マニュアルを用意するなどの準備は必要ですが、そのオウンドメディアの特徴や目的、自社製品・サービスを十分にすり合わせられていないと、意図と異なる記事が納品されることもあります。

これは委託先が多くなればなるほど起こりやすくなります。

そうすると、修正やフィードバックに時間が必要となるため、負担が大きくなってしまうことも。

しかし、委託し始めは必然的に起こることなので、丁寧にフィードバックや認識のすり合わせを行って継続していくことでクオリティのバラつきを減らしていけます。

記事制作の外注の利用方法

記事制作をおこなう場合の利用方法についてみていきましょう。

大きく分けて2つの方法があります。

クラウドソーシング型サービス

クラウドソーシングは、法人・個人問わず仕事を発注・受注できるサービスで、プラットフォームを介してやり取りを行います。

主な利用方法は以下のようになります。

1.登録する
2.案件を立て人材を募集する
3.人材を選定し依頼をおこなう
4.依頼した人材の納品物を確認し、費用を支払う
5.評価する

仕事を受注する側も利用するハードルが低いため、人材の見極めが必要になるものの、時間がない場合などに対応できる人材を見つけやすいなどのメリットがあります。

案件を立てる段階でどのような企業や個人に依頼したいのかを明確に示し、ミスマッチを減らすことが大切です。

記事制作代行業者

記事制作に特化した企業や個人がサービスとして展開していることも多く、このケースでは事業者と直接契約を結びます。

依頼内容を伝え、事業者が編集や執筆を取りまとめて行い、記事を納品するという形式がほとんどになります。

外部委託のメリットでも取り上げたとおり、記事制作のノウハウや付帯するSEO知識などを保有していることも多いため、単純な業務委託にとどまらず、相乗効果も見込めるでしょう。

複数のライターを抱えている事業者であれば適したライターの選定から任せることができるため、選定の手間を減らすこともできます。

記事制作を外注するときのポイント

記事制作を外注する場合、オウンドメディアの目的などの情報共有を行い、そのうえで候補先の経験や得意分野を踏まえて委託先を精査する必要があります。

これは双方にデメリットが発生しないための対策です。

自社の製品・サービスなど情報を提供する

記事を制作するには、何を目的に制作すればいいのかを明確に伝える必要があります。

とくに、自社に関連する製品やサービスなどであれば、その情報を提供しなければなりません。

加えて、マニュアルやガイドラインがあれば共有して自社メディアにおけるルールの認識をすり合わせましょう。

SEOの知識があるか確認する

SEO 対策はWeb 集客方法の1つであり、SEO 対策をおこなうことによって、検索順位で上位を狙いやすくなるだけでなく、時間が経っても多くの人に読まれやすくなります。

そのため、 SEO を理解している制作代行会社や個人ライターにSEO対策の指示をすると理解が早くスムーズに進められます。

自社にSEOのノウハウが不足していれば、SEO対策をセットで依頼することで足りないノウハウを補完することができ、同時に知識を吸収できる機会にもなります。

得意とする分野を確認する

制作代行会社や個人ライターにも得意分野とそうでない分野があります。

そのため、委託先の得意とする分野とメディアの特徴・方向性が合致するかどうかは判断の重要なポイントです。

外部委託なら「専門家@メディア」へ

・社内リソースが足りない
・SEOとかコンテンツマーケティングの方法がよく分からない
・適したライターが見つけられない

これらの悩みがあれば、「専門家@メディア」にぜひご相談ください。

専門家@メディアは、お金や不動産、健康など各ジャンルの専門家による記事制作を強みとしています。

6年間で300社以上のコンテンツマーケティングを支援してきた経験とノウハウをもとに、専門家の一次情報とSEOノウハウを駆使した質の高いコンテンツ制作が可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました