記事監修とは?重要性や具体的な依頼方法、おすすめの依頼先も紹介します

article_supervision SEO

スマートフォンが普及し、インターネットが当たり前に利用できる現代では、日々さまざまな情報が飛び交っています。情報は正しいものだけではなく、偽りの情報も含まれているため、我々は情報の見極めをしながら取捨選択していかなければなりません。

情報の信憑性を見極める手段の一つとして、監修された記事を選ぶことが考えられます。発信者側も、ユーザーから信頼を得るためには、記事の監修をすると効果的です。

しかし、記事監修は具体的にどのような流れで依頼するのかがわからない人も多いでしょう。

この記事では、記事監修の依頼の方法やメリットを解説します。

記事監修とは

記事監修とは、記事や原稿などのコンテンツに対して、専門的な知識を持った人物が内容の確認をする作業です。

監修者は、実務経験者や資格保有者などの専門知識を持った専門家を指します。

なぜ記事監修が必要?

記事監修は、ユーザー目線と発信者目線でそれぞれ重要視されます。

ユーザー目線では、インターネット上の膨大な情報から正しい情報を選択するときに、専門的な知識を持った人物が発信した情報は信憑性が高いと判断できるでしょう。専門的な知識を持たない人物が発信しても、ユーザーは本当に正しい情報なのかの判断ができません。

また、近年のSEOでは以下の「E-A-T」の観点が重要視されています。

  • Expertise(専門性):専門的な知識やスキルを持っているかどうか
  • Authoritativeness(権威性):業界でどれくらい認められているか
  • Trustworthiness(信頼性):信頼できるコンテンツかどうか

記事監修によってそれぞれの観点を高められるため、発信者側も実施していくことが推奨されます。

SEOは検索エンジンがさまざまなWebサイトの情報を収集し、そのなかからユーザーに有益な情報を発信するコンテンツを評価します。監修をしたコンテンツだと検索エンジンが認識すると、ほかの記事よりも情報の信憑性が高いと評価し、上位表示が期待できるでしょう。

記事監修の5つのメリットとは

業界に精通した人物や、資格保有する専門家などによる監修は、主に以下5つのメリットがあります。

  • 権威性が高まる
  • 正確な情報を伝えられる
  • 差別化につながる
  • ユーザーファーストのコンテンツになる
  • SEOで評価されやすくなる

それぞれのメリットを解説しましょう。

メリット1:権威性が高まる

権威性とは、コンテンツを発信した人物が世間的にどれくらい認められているかを指します。

記事監修は業界に精通した人物や、資格保有者が実施することで、世間的に認められた人物が内容の確認をしたことになるため、権威性の向上が期待できるでしょう。

メリット2:正確な情報を伝えられる

専門家が記事の内容を確認するため、ユーザーに正確な情報を伝えられます。

記事監修をせずにコンテンツを発信すると、発信者は正しいと思っていた情報でも、間違っている可能性があるでしょう。事実とは異なる情報を発信してしまうと、コンテンツの信頼を失うだけではなく、メディアや運営する企業全体の信用度が落ちてしまうリスクがあります。

メリット3:差別化につながる

記事監修をすることで、実施していない記事との差別化につながります。

インターネット上にはさまざまなコンテンツが存在し、似たような内容の情報を発信しているケースも多く見受けられます。そのなかからユーザーに選ばれるためには、ほかの記事との差別化を図り、読まれる記事にならなければなりません。

記事監修は、差別化を図るための一つの手段として効果的でしょう。

メリット4:ユーザーファーストのコンテンツになる

記事監修は、ユーザーが正しい情報を選択しやすくなるため、ユーザーファーストのコンテンツになります。

ユーザーは、インターネット上から自分に必要な情報を取捨選択していきますが、なかには間違った情報を信じてしまうケースがあるでしょう。

記事監修をしておくと、ユーザーは信頼性のあるコンテンツだと判断ができるため、正しい情報の選択と情報を見抜くための時間の削減につながるでしょう。

メリット5:SEOで評価されやすくなる

記事監修は、コンテンツの信頼性が増すことによってSEOで評価されやすくなります。

前述したとおり、SEOでは「E-A-T」の観点が重要視されており、記事監修によってそれぞれの観点を高められます。

SEOの評価をするクローラーは、ユーザーファーストな記事なことに加えて、専門家が執筆した記事なのかも重視しています。監修された記事は「専門家が執筆した記事」とクローラーが認識するため、専門性・権威性・信頼性の向上につながるでしょう。

記事監修の3つのデメリットとは

記事監修には、以下3つのデメリットが考えられます。

  • 費用がかかる
  • 時間がかかる
  • 虚偽の可能性がある

デメリット1:費用がかかる

記事監修は、専門的な人材に依頼をする必要があるため費用が発生します。

費用は依頼方法や手段によって異なるため、一概にどれくらいの費用がかかるのかを明言できません。依頼するときは、後ほど解説する方法で依頼し、そのなかから費用対効果の高い人物に依頼すると良いでしょう。

デメリット2:時間がかかる

記事監修は、依頼してから完了するまでに一定の時間がかかります。

完了するまでの時間は、監修者のスケジュールやスキル、コンテンツの内容や文量によって大きく変わってくるため、事前に確認しておくことが大切です。

コンテンツの発信をする際には、監修にかかる期間もスケジュールに落とし込んでおくと良いでしょう。

デメリット3:虚偽の可能性がある

依頼時には、監修者の調査をおこなわないと経歴を詐称している可能性があり、虚偽のコンテンツを掲載してしまうリスクがあります。

もし、監修者が経歴を詐称していた場合、発信したコンテンツも虚偽の対象となります。その結果ユーザーからの信頼が落ちてしまう可能性があります。事前に経歴を証明してもらい、その上で依頼するようにしましょう。

記事監修を依頼するための4つの方法とは

記事監修の依頼は、主に以下4つの方法が考えられます。

  • 直接依頼する
  • クラウドソーシングサイトを活用する
  • SNSを活用する
  • 専門サイトから依頼する

方法1:直接依頼する

知り合いに専門家の人がいる場合、その人に記事監修を依頼する方法があります。

直接依頼するため、信頼できる人物であればスムーズに依頼できるでしょう。しかし、身近な人ほど金銭的な調整が難しいケースもあるので、事前に確認しながら進めることが重要です。

方法2:クラウドソーシングサイトを活用する

クラウドソーシングサイトは、仕事を依頼する人と求める人をマッチングするサービスで、記事監修の依頼をサイトに登録する方法があります。

もし、サイトを閲覧した人のなかに専門家がいて、依頼した仕事に応募をしてきた場合、実際の業務へと移っていきます。不特定多数の人に依頼できるため、効率よく依頼できることがクラウドソーシングサイトのメリットです。

方法3:SNSを活用する

SNSでは、ダイレクトメッセージなどで直接コンタクトを取ったり、ハッシュタグを活用して依頼を投稿したりする方法があります。

クラウドソーシングサイトと同様に、不特定多数の人へアプローチできるため、専門家をみつけやすいメリットがあります。しかし、一方で専門家であることを証明できないため、経歴が詐称される可能性が考えられます。

方法4:専門サイトから依頼する

記事監修を専門的に取り扱っているサイトが存在するため、そのサイトから依頼する方法もおすすめです。

記事監修に特化した専門家が集まっているため、今までの方法と比べて質が高くなりやすいです。また、専門サイトによっては証明書などの提出を必須としている場合があるため、経歴の詐称にもつながりにくいでしょう。

記事監修を依頼するときに注意したい3つのポイント

記事監修を依頼するときは、以下3つのポイントに注意しましょう。

  • 資格や経歴に虚偽がないか
  • 情報の開示をどこまでしていいのか
  • 監修後の再チェックをする

注意点1:資格や経歴に虚偽がないか

記事監修で重要なポイントは、監修者の資格や経歴に虚偽がないかを事前に確認しておくことです。せっかく記事を監修しても、正しい経歴の持ち主でなければ記事の信頼性を獲得できません。

例えば、金融関係のコンテンツを発信するときに、専門家へ依頼したとします。しかし、その専門家に金融関係の知識がなく、保育士の資格を保有していても意味がありません。

依頼時には、証明書の提出を必須とする信頼できるサイトに依頼することがおすすめです。

注意点2:情報の開示をどこまでしていいのか

記事監修をしてもらう際には、監修者の経歴や氏名などの掲載が可能かを事前に確認しましょう。

せっかく監修をしてもらっても、氏名の公開ができないのであれば、記事の信頼性を担保できなくなる可能性があります。

記事の信頼性を担保するのであれば、氏名だけではなく、経歴や顔写真なども掲載すると良いでしょう。

注意点3:監修後の再チェックをする

記事監修をしてもらったあとは、再度確認するようにしましょう。

「専門家が記事を監修したから大丈夫」と安心していると、実は内容にミスがあり、間違った情報が世に出回ってしまう危険性があります。

また、監修者は専門的な知識があっても、執筆に慣れていないケースも考えられるため、不自然な文章になっていないかの確認も大切です。

記事監修なら専門サイトからの依頼がおすすめ

記事監修は、専門家に記事の内容を確認してもらう作業のことで、正しい情報を発信できるだけでなく、記事の専門性や信頼性が向上するため、SEOの向上も期待できます。

記事監修を依頼する方法はさまざまありますが、注意すべきポイントは経歴に詐称がないかどうかです。もし、経歴が違う人に監修してもらい、記事を発信してしまうと、誤情報を流しているとユーザーが理解し、メディア全体に悪い影響を与えてしまいます。

そこで、事前に経歴を証明するための書類を確認し、確証を持った上で依頼する必要があるでしょう。

プロクルコンテンツは、専門家による高品質・エビデンスに基づいた記事制作を提供するサービスです。専門家には、虚偽がないか確認するために資格証明関係書類を必須としており、幅広い分野の専門家に監修を依頼できます。記事監修を誰に頼むか悩んでいる人は、ぜひプロクルコンテンツまでお問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました