オウンドメディアの直帰率を改善するポイントを解説!

オウンドメディア

せっかくオウンドメディアに訪問したユーザーにすぐ直帰されてしまうと、なかなか成果には繋がりません。しかし、「どの数値を見ればいいのか」「どう改善していけばいいのか」が具体的に分からない人も多いでしょう。

そこで今回は、オウンドメディア運用の改善に欠かせない「直帰率」について、数値の相場から改善のポイントまで紹介します。

直帰率とは?離脱率や回遊率との違いとは

直帰率とは?

直帰率とは、ユーザーがサイトを訪問した際に、最初に閲覧したページだけを見て該当のサイトを離脱した割合のことを指します。計算式としては、「直帰率=直帰数÷訪問数」で算出することができます。例えば、該当のページの閲覧開始数が100で、直帰数が50だった場合、直帰率は50%となります。

直帰率を確認する方法

直帰率を確認する場合は、Googleアナリティクスなどのアクセス解析ツールを使用します。直帰率を見る際には「なんの直帰率なのか」に留意して分析を進めていきましょう。

・サイト全体の直帰率:オウンドメディア全体の直帰率
・それぞれの参照元の直帰率:オウンドメディアへの流入元となるページごとの直帰率
・それぞれのページの直帰率:オウンドメディアのサイトコンテンツごとの直帰率

このように、分析したい・改善したい箇所に沿って、直帰率を確認することが重要です。

離脱率・回遊率との違い

直帰率と似た言葉に「離脱率」「回遊率」という単語があります。直帰率を正しく理解するためにも、それぞれの違いを把握しておきましょう。

・離脱率
離脱率とは、該当のページにアクセスされた回数のうち、離脱した割合のことを指し、「離脱率=該当のページの離脱数÷該当のページのPV数」で算出することができます。直帰率とは異なり、ユーザーがそのサイト内で何番目に該当のページにアクセスしたかにかかわらず、該当のページから離脱した割合が離脱率です。

・回遊率
回遊率とは1訪問あたりのPV数のことを指し、「回遊率=PV数÷訪問数」で算出することができます。ユーザーがサイト内で多くのページにアクセスすればするほど、回遊率は上がっていきます。

直帰率の分析方法

目的によっては、直帰率が高すぎると、ユーザーにとって記事が満足できるものになっていない可能性があります。せっかく記事を発信したとしても、次のアクションに繋がらず、成果に結びつかなくなってしまうのです。

しかし、直帰率はただ低ければ良いというものではありません。なぜなら、直帰率が高いほうがサイトにとってポジティブな場合があるからです。

例えば、直帰率が高かったとしても、「滞在時間が長ければ、しっかり記事を読み込んでくれている」「最初に訪れたページで必要な情報を得て満足して離脱している」という場合も考えられます。
逆に直帰率が低い場合でも、「最初に訪れたページで欲しい情報が見つからず、回遊率が上がっている」というネガティブな要因も考えられます。
そのため、分析を行う際は直帰率の数値だけを見るのではなく、滞在時間などのほかの数値も参考にしながら、ユーザーの行動を想像することが重要です。

直帰率の相場

直帰率の改善を考える前に、まずは自社サイトの直帰率が高いと言えるのかどうかを把握しておかなければいけません。一般的な直帰率の目安は、サイトの種類・集客方法・業界などによっても変わってきますが、参考値として以下のデータをご紹介します。

業界別直帰率
・金融:53%
・病院/ヘルスケア:54.96%
・医療機器/医薬品:55.33%
・不動産:57.47%
・コンピューターソフトウェア:60.76%
・ヘルス/フィットネス:63%
・ITサービス:64.21%
・経営コンサルティング:67.49%

出典:BRAFTON 2017 CONTENT MARKETING BENCHMARK REPORT

自社サービスの場合、どれくらいの直帰率であれば理想なのかを考えることが重要です。

オウンドメディアで直帰率を高めてしまうポイントは?

オウンドメディアにおいて、直帰率を高めてしまうポイントはいくつかあります。今回はその代表的なポイントをご紹介します。

ファーストビューの情報に魅力がない

ユーザーがページに訪問した際にまず目に入る部分であるファーストビューは、直帰率に大きく影響を与えます。記事の見出しが弱い・アイキャッチ画像がないなど、ページにたどり着いたユーザーの目を引くような要素がなければ、直帰率を高めてしまいます。

ユーザーが期待している情報がページにない

訪問したユーザーは検索意図に沿った情報があることを期待してページにたどり着きます。その際、広告や検索などで目にした内容とは異なるページに誘導してしまった場合、直帰に繋がってしまいます。
例えば、記事コンテンツで流入を促したにもかかわらず、いきなりサービス紹介を行ってしまうと、ユーザーは予期しない売り込みをかけられたと感じ、すぐに離脱してしまうでしょう。
また、「内容が薄い」「文章が支離滅裂」など、ユーザーが期待しているよりも低品質の記事だった場合も、直帰の要因になってしまいます。

次のアクションに繋がる導線がない

記事を読んでくれたとしても、次のアクションに繋がる導線がなければ、ユーザーは直帰してしまいます。記事を読んだ後にどんな行動をして欲しいのかを具体的に想像し、そのとおりに行動してもらうためにはどこにどのような導線が必要なのかを考えることが重要です。

サイトが使いにくい

訪問したサイトが使いにくいと、ユーザーはストレスを感じてそのまま離脱してしまいます。「ページの読み込み速度が遅い」「使用デバイスにデザインが最適化されていない」など、サイト自体の使いやすさも直帰率に大きく影響するため注意が必要です。特にページの読み込み時間に関しては、一般的に3秒を超えてしまうと顕著に離脱率が上がると言われています。

オウンドメディアの直帰率を改善するポイントは?

オウンドメディアの直帰率を改善するためには、次のようなポイントを押さえておきましょう。

ファーストビューでユーザーの心を掴む

サイトに訪れたユーザーは、たどり着いたページの最初に目にした情報で、続きを読むかどうか判断します。そのため、「ファーストビューでどれだけユーザーの心を掴めるか」という点が、直帰率を改善する重要なポイントになります。
ファーストビューをより良くするためには、メインターゲットであるユーザーにあわせて、次のような工夫を凝らしましょう。

・アイキャッチ画像を入れて、視覚的に興味を引く
・キャッチコピーや見出しを強調して、文字で興味を引く など

またなにより重要なのは、ユーザーに「これは自分が知っておくべき情報だ」「この記事を読めば自分にメリットがありそう」と思わせる内容で構成することです。

ユーザーが求めている情報を届ける

サイトに訪問したユーザーを満足させるためには、まずユーザーが求めている情報を適切に用意することを心がけましょう。集客で使っている訴求と記事の内容に整合性があるかどうかは確認が必要です。

また、記事のクオリティも重要な改善ポイントです。誤字脱字や記事の構成のチェックはもちろん、専門知識などほかでは得られない情報を記事に盛り込むことで、ユーザーの満足度を上げ、次のアクションに繋がりやすくすることができます。

次のアクションに繋がる導線を用意する

記事を読んだユーザーを次のアクションに促すためにも、サイトの回遊に繋がる導線を用意しておきましょう。具体的には、記事の終わりに別コンテンツへの遷移先を設置することが有効です。

・読了した記事に類似した記事を紹介する
・記事のランキングなどで人気記事を紹介する など

記事を読み終わったユーザーができるだけ自然と次のアクションに移ってしまうような導線をつくることを意識しましょう。

ストレスフリーな体験をつくる

訪れたユーザーができるだけストレスを感じないサイト設計にすることも重要なポイントです。

・画像サイズなどを縮小して、読み込みのスピードを上げる
・文字のレイアウトやサイズの視認性を上げ、読みやすくする
・スマホ/PCなど、ユーザーが使っている端末ごとにデザインを最適化する など

サイト全体の体験を良くすることで、ユーザーのストレスを軽減し、次のアクションに繋がりやすい状態をつくることができます。

直帰率を改善して、成果に繋がるオウンドメディア運用を!

直帰率の改善は、オウンドメディアを成果に繋げるために必要不可欠な要素の一つです。
ユーザーにとって、「記事のクオリティが低い」「サイトが使いにくい」などといったネガティブな要素は、直帰率を高め、ほかのサイトに流れてしまう要因になりかねません。

サイトに訪れたユーザーを満足させることができるよう、記事のクオリティやユーザー体験を向上させることで、直帰率を改善していきましょう。

専門家@メディアは、130種類・2,000名の多種多様な専門家によるコンテンツの制作支援をおこなうプラットフォームです。審査に通過した専門家に記事を執筆/監修してもらうサービスなので、コンバージョン率の向上に繋がる「質の高いコンテンツ」を提供することができます。

また、内部にディレクター/編集者がいるため、専門家との進行・調整、記事の品質担保など、進行に必要な作業はすべてお任せいただけます。社内リソースに不安がある場合や、ワンストップで依頼したい場合などは、WordPressの構築から請け負うことも可能です。

・記事制作がしたいけど、どうやって専門家に記事を書いてもらったらいいかわからない
・テーマに対してどの専門家さんをアサインしたらいいかわからない
・記事制作がしたいけど、どのように体制を作ったらいいかわからない
・記事の質を向上させたい
・リソースがなくてまわらない
・既存の記事に問題がないかが心配なので、監修を入れたい

そんな課題をお持ちでしたら、ぜひ一度専門家@メディアを試してみませんか?

タイトルとURLをコピーしました