SEOに関係のある「共起語」とは?サジェストワードとの違い、効果的な使い方、無料ツールを紹介

SEO

オウンドメディアの記事を執筆するにあたって、共起語は重要な役割を果たします。

なぜなら、記事内における共起語の有無が、コンテンツの評価に影響があるとみられているからです。

そこで今回は、「共起語」について、効果的な使い方も含めて紹介します。

共起語とは?なぜ重要視されるの?

共起語とは、あるキーワードが出てきた際に、そのキーワードとよく一緒に使用される単語のことを指します。

例えば、「スマートフォン」というキーワードでは、「モデル」や「発売」などの単語が共起語となり、「スマートフォン」と合わせて使われることが多いです。

なぜ共起語が重要なのか

共起語は、Googleがコンテンツの品質を判断する際の評価軸に関連していると見られ、適切な共起語を活用することで、コンテンツを検索上位に引き上げることができます。

そのため、効果的なコンテンツを生み出すためには、共起語を上手く活用することが必要なのです。

サジェストワードとの違い

共起語と混同されやすい用語に「サジェストワード」というものがあります。

共起語が、特定のキーワードの文章中で一緒に出やすい単語を指すのに対し、サジェストワードは、キーワードと一緒に検索されやすい単語のことを指します。

・スマートフォンの共起語:「モデル」「発売」「価格」
・スマートフォンのサジェストワード:「探す」「普及率」「おすすめ」

共起語を使うメリットは?

共起語を使うメリットとしては、先ほども説明した通り、コンテンツを検索上位に引き上げることできるという点です。

また、キーワードの共起語からユーザーの課題やニーズを分析することで、ユーザーの検索意図に沿ったコンテンツの作成・編集をおこなうことができます。

「どのような切り口で記事を考えるべきなのか」「今の記事に足りていない要素は何なのか」など、より質の高い記事を生み出すために必要な視点を得ることができるのです。

共起語の使い方は?

共起語を使う際には、検索ワードとサジェストワード、そして共起語を上手く組み合わせて記事を作成していく必要があります。

Googleも文脈に沿うようにキーワードを活用していくことを推奨しています。

“ページにキーワードや数字を詰め込むと、ユーザーの利便性が低下し、サイトのランキングに悪影響が及ぶ可能性もあります。文脈に合ったキーワードを適切に使用した、情報に富んだ有用なコンテンツを作成することに焦点を合わせてサイトを運営してください”

引用元:Google Support| Search Console ヘルプ – キーワードの乱用

文章内にキーワードと関連性の高い共起語を上手く組み込んでいくことで、ユーザーが求める情報の網羅性が上がり、コンテンツの評価が高まりやすくなります。

共起語の問題点は?

共起語の問題として挙げられるのが、「共起語にとらわれすぎて逆にGoogleから評価されなくなってしまう」ことです。

本来、ユーザーの検索意図を踏まえた質の高い記事を執筆すれば、自然と適切な共起語が記事の中に含まれるでしょう。

しかし、共起語を意識するがあまり、記事そのものの構成に一貫性がなくなってしまったり、ユーザーの検索意図とは異なる内容を記載してしまったりするケースがあります。

そうなってしまうと、結果としてコンテンツの質が落ちてGoogleから評価されなくなってしまい、検索順位の低下にも繋がってしまいます。

共起語はあくまで手段として考え、最も大事なのは「ユーザーに求められる記事を執筆すること」であることを忘れないようにしましょう。

共起語はどう調べたらいい?

共起語は、ツールを活用することで簡単に調べることができます。

今回は、無料で使える共起語検索ツールを紹介します。

共起語検索
Googleの検索ワードTOP30サイトを母集団に、共起語を抽出できます。
Neo Inspiration|共起語検索ツール

このように、共起語は無料で簡単に調査できますので、ツールを活用するとよいでしょう。

共起語を正しく理解し、効果的なオウンドメディア運営を!

共起語を意識して記事を執筆・編集することは地味な作業に思えますが、オウンドメディアで効果を出すには欠かせない重要な役割を担っています。

共起語の役割と効果的な使い方を正しく理解して、オウンドメディア運営に活かしていきましょう。

そして、先に述べた通り、共起語は「質の高いコンテンツ」があってはじめて効果が期待できます。

質の高いコンテンツを作るには?

質の高いコンテンツを作る方法のひとつに、各分野の専門家を活用する方法があります。

専門家@メディアは、130種類・2,000名の多種多様な専門家によるコンテンツの制作支援をおこなうプラットフォームです。

審査に通過した専門家に記事を執筆/監修してもらうサービスなので、Googleに評価される「質の高いコンテンツ」を提供することができます。

・記事制作がしたいけど、どうやって専門家に記事を書いてもらったらいいかわからない
・テーマに対してどの専門家さんをアサインしたらいいかわからない
・記事の質を向上させたい
・既存の記事に問題がないかが心配なので、監修を入れたい

そんな課題をお持ちでしたら、ぜひ一度専門家@メディアを試してみませんか?

タイトルとURLをコピーしました