オウンドメディアのコンテンツがSEOで高い評価を得る方法!内部・外部施策が鍵!

SEO

オウンドメディアを運営しコンテンツマーケティングを行なっていても、なかなか思うような成果が出ないと悩む運営者は少なくありません。

成果が出ない原因として多いのが、個々のコンテンツの質だけに注目していることです。

コンテンツSEOの評価を上げるには、コンテンツ単体の質を高めるだけでは不十分です。オウンドメディア全体の質を決定する、権威性や信頼性を高めることで、コンテンツSEOの評価は高まります。

今回はコンテンツSEOで高い評価を得られる、具体的な方法を内部・外部施策に分けて説明します。

コンテンツSEOの評価を決めるポイント

オウンドメディアを運営するにあたり、コンテンツSEOで高い評価を受け、メディアに多くの流入を促すことは非常に大切です。ここでは、コンテンツSEOの評価を決めるポイントについて解説します。

コンテンツSEOの評価が高いとは、検索エンジンで上位表示できること

まずはじめに、そもそもコンテンツSEOで「評価が高い」状態は、検索エンジンで上位表示できることを指します。

検索エンジンで上位に表示されるコンテンツは、Googleをはじめとした検索エンジンから高い評価を受けたものです。検索エンジンは独自のアルゴリズムによって、読者に有益な記事コンテンツを上位表示させる仕組みを導入しています。

ただしこれらのアルゴリズムは、固定化されたものではありません。その時のトレンドや改良点を踏まえ、定期的にアップデートされます。

基本的には内密で行われるアルゴリズムのアップデートですが、時折大幅な変更が行われる場合があります。その際には検索エンジン側からの公式発表が行われることもあります。比較的大きめなアップデートが施行された後は、従来の検索結果表示とは異なる結果に至ることが多いです。

ドメインランクもコンテンツSEO評価を左右する

コンテンツSEOで評価を高めるためには、記事単体だけでなく、オウンドメディア全体でコンテンツSEOを考える必要があります。

WEB上に存在する官公庁の公式サイトから、個人ブログまで、あらゆるメディアには、検索エンジンからメディアの影響力や信頼性を示す「ドメインランク」と呼ばれる指標が設定されています。

そんなドメインランクですが、コンテンツSEOにおいては重要な要素を占めており、評価を左右する指標になると言われています。なぜなら検索エンジンは記事の内容だけでなく、発信者も重要視しているからです。

たとえば、誰が書いたか分からない匿名性の高いメディアと、大手企業が運営するメディアでは、どちらのメディア情報を信頼できそうでしょうか?言うまでもなく、情報開示や社会に対する影響力の大きさからも、後者の信頼性が高いと答える人が多いのではないでしょうか。

このように、コンテンツSEOで評価を高めるためには、記事といった個々のコンテンツだけでなく、ドメインランクを向上させることが大切なのです。

オウンドメディアのドメインランクを高める

ドメインランクは官公庁や大手企業といった、一次情報を発信できるメディアが高い傾向にあります。

では具体的にオウンドメディアを運営するにあたって、どのようにドメインランクを高めたら良いのでしょうか?

ドメインランクを高める方法は、実はコンテンツSEOで高い評価を得る方法と呼応する部分が大きいです。

コンテンツSEOで高い評価を得るには、メディア全体で内部/外部施策を行うのが効果的です。次章からそれぞれの方法について具体的に解説します。

コンテンツSEOで高い評価を得る方法①:内部施策

コンテンツSEOで高い評価を得る方法の一つ目は内部施策です。

内部施策とは、Googleといった検索エンジンにメディア自体やコンテンツが上質であることを示すさまざまな施策を指します。

内部施策で有効なのは、コンテンツの質を高めることと、クローラー向けにコンテンツに最適化することです。

(1)コンテンツの質を高める

一つ目の内部施策として効果的なのは、コンテンツの質を高めることです。昨今のコンテンツSEOでは、特にE-A-Tと呼ばれる、専門知識・権威性、信頼性が重要視されています。

専門家執筆(監修)による権威性を維持することで、コンテンツの信頼性と質が格段に向上します。

また先ほどのドメインランクについても、E-A-Tが満たされているメディアでは、必然的に高いランクが記録されています。

WEB上のコンテンツは無料で誰でも閲覧・投稿できるものも多く、まさに玉石混淆の状態です。しかしどのコンテンツにも直接目には見えないものの、パソコンやスマホを経由して見ているユーザーが存在するのです。

コンテンツの質を高めれば、閲覧したユーザーの満足度を高められる可能性が高く、コンテンツSEOの評価も高くなるでしょう。具体的にはE-A-Tを重要視しつつ、以下の項目をコンテンツ制作で押さえることが大切です。

● オウンドメディアの運営元情報を明示する(会社情報や苦情窓口など)
● 専門的知見や権威性を有する識者が執筆、あるいは監修に入れる
● 個々のコンテンツで記事執筆者・監修者情報を記載する
● 統計資料等用いる場合は、官公庁や独自調査など一次情報を引用する

(2)クローラーに分かりやすいコンテンツに最適化する

コンテンツの質を高められたら、今度は作成したコンテンツがしっかりとWEB上で評価されるために、最適化する作業を行なっていきます。

検索エンジンの機能の一つであるクローラーは、全世界中のWEBメディアを移動し、コンテンツを発見していると言われています。クローラーがコンテンツを発見し、検索結果のデータベースに登録することで、初めて検索エンジンからコンテンツSEOの評価が行われることになります。

したがって極端な話ですが、いくら上質なコンテンツを作成したところで、クローラーに見つけてもらえなければ、そのコンテンツはWEB上で存在していないのと同じなのです。

クローラーに見つけてもらうためには、コンテンツをクローラー向けに最適化する必要があります。具体的には以下の項目を押さえましょう。

● 対策キーワードをタイトルに含める
● 見出しも不自然でない範囲で、対策キーワードを適宜含める
● 検索結果にコンテンツの要約を示すために、meta description属性タグを設定する
● 見出しの階層構造を明確にし、できるだけh3までと極力シンプルにする

コンテンツSEOで高い評価を得る方法②:外部施策

コンテンツSEOで高い評価を得る方法の二つ目は外部施策です。

外部施策とは、ユーザーや検索エンジンといった、コンテンツを提供するメディア以外の外部に起因して生じるコンテンツSEO施策を指します。

今回はコンテンツSEOの外部施策として、被リンクとSNS施策を説明します。

(1)被リンク

コンテンツSEOにおける外部施策として重要なのは、いかにオウンドメディアが良質な外部サイトによって評価されているかどうかです。

特に官公庁といった公的機関や、大手企業、ある特定の分野で秀でた業績・実績を残している、権威性と信頼性が高いサイトから被リンクが得られると、コンテンツSEOだけでなくドメインランクも向上するとされています。

もともと検索エンジンが作成するアルゴリズム自体、優良な学術論文をいち早く見つけるために作成されたものでした。優良な学術論文は、多くの論文から引用されている場合が多いため、ほかの論文へ引用されている論文ほど、評価が高くなります。

この仕組みが検索順位を決定する際に応用されたと言われており、被リンク(外部サイトからリンクを設置されていること)が多いメディアやコンテンツであればあるほど、SEOで評価が高くなっています。

しかし被リンクをただ集めれば良いわけではありません。かつては単純に被リンクの数が多いだけで評価を上げられていた時代がありました。ただし実情はアダルトサイトや海外の怪しいサイトといった質の低い被リンクを大量につける、といった質の低いSEO施策(ブラックハット)が横行するようになり、コンテンツの質の低下が叫ばれたのです。

こうした事情もあり最近では、検索エンジンは被リンクを設置するメディア自体の質も評価対象になっていると考えられています。

いくら被リンクを集めたところで、その被リンクが信頼性の低いサイトであれば逆にコンテンツSEOの評価を下げる可能性が高いため、注意しましょう。

(2)SNS施策

また最近ではSNS施策も、コンテンツSEOにおける外部施策として有効であるという声が高まっています。

SNSではユーザーのリアルな感想や口コミを拾うことができます。こうしたユーザーのリアルな声は、なかなか官公庁や大手企業のサイトからは把握することができません。しかしリアルな口コミを求めるユーザーは非常に多くなっています。

検索エンジンもそうしたユーザーの要望に対応するべく、SNSで評価の高いコンテンツに注目していると言われています。SNS上で評価の高かったコンテンツは、検索エンジンからの評価も高くなるとされています。

SNS施策は通常のコンテンツ制作と異なり、それぞれのSNSの特性を生かした施策を行う必要があります。しかしどんなSNS施策でも、共通するのは「ユーザー目線」だと言えます。

多くのユーザーから共感を得られるために、積極的にユーザーと関わりを持つ、SNS上でキャンペーンを行うなどSNS施策に取り組み、コンテンツSEOの評価を高めましょう。

コンテンツSEOで高い評価を得るには、オウンドメディア全体の施策が大切

ここまでコンテンツSEOで高い評価を得られる、具体的な方法を内部・外部施策に分けて説明しました。

言わずもがなですが個々のコンテンツの質を高めることは、コンテンツSEOで今後も重要なポイントです。

しかしメディア自体のドメインランクが極端に低かったり、ブラックハットSEOと呼ばれる悪質な被リンクを大量に獲得したりしている状態では、いくらコンテンツの質が高くても上位表示されることはありません。

せっかく上質なコンテンツを作成しても、検索エンジンから評価されないのはもったいないですよね。ぜひオウンドメディア全体の施策を踏まえながら、コンテンツ制作を行い、コンテンツSEOの高い評価を目指していただければと思います。

コンテンツSEOで高い評価を得るには、専門性や権威性の保証が不可欠

コンテンツSEOで高い評価を得ること、つまりコンテンツが検索画面で上位表示されるためには、専門性や権威性を示すことが不可欠です。

YMYL(Your Money Your Life)と呼ばれる、医療・金融といったユーザーの生活に多大な影響を及ぼす可能性の高いジャンルだけでなく、最近ではあらゆるジャンルで専門性と権威性を示す重要性が高まっています。

専門家@メディアでは、その道のプロが直接執筆・あるいは監修した記事作成を行えるため、E-A-Tに該当するSEOの評価が高い記事を作成できます。 130職種・2000人もの専門家が、あらゆる記事コンテンツのニーズにお応えします。詳しくはこちらをご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました