コンテンツマーケティングにおけるMA(マーケティングオートメーション)ツールの活用方法とは?

オウンドメディア

コンテンツマーケティングを成功に導くためには、より効率的な運用を実現させる必要があります。そのためには、工数の削減や施策フローの見える化など、対処すべきさまざまな課題が存在します。

そこで今回は、コンテンツマーケティングの効率的な運用に欠かせない「MA(マーケティングオートメーション)ツール」について、活用方法や重要なポイントもあわせてご紹介します。

コンテンツマーケティングとは?

1:コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは、ターゲットとなるユーザーにとって価値があるコンテンツを発信することで自社サービスへと集客し、最終的に問い合わせや商品購入などに繋げるマーケティング施策のことを指します。

コンテンツを発信してユーザーとのエンゲージメントを高めるオウンドメディアもコンテンツマーケティングに該当します。

2:コンテンツマーケティングのメリットやデメリット

コンテンツマーケティングのメリットとしては、下記のような点が挙げられます。
・ユーザーとの接点が広がる
・ユーザーと長期的にコミュニケーションがとれる
・作成したコンテンツが資産としてストックされる
・業界におけるオピニオンリーダーになれる

従来の広告手法ではアプローチできなかったユーザー層と接点をつくることができ、定期的にコンテンツを発信することで、サービスやブランドのファンを生み出すことが可能になります。さらに、発信したコンテンツは資産として残り、「〇〇と言えば、〇〇」のような、業界の中でもユーザーが一番に想起するようなポジションの確立にも繋がります。

上記のようなメリットがある反面、下記のようなデメリットも存在します。
・コンテンツの制作が必要なため、時間と工数がかかる
・効果が出るまでに時間がかかる
・直接的な成果が見えにくい

コンテンツを定期的に発信する必要があるため、制作時間や発信の手配など、時間と工数がかかります。また、広告と違いすぐに結果が出る訳ではなく、施策による効果がどれだけ出たのかという直接的な成果を判断することが難しい傾向にあります。

3:コンテンツマーケティングで成功するためのポイントは?

コンテンツマーケティングで成功するためには、「目的に沿ったコンテンツの運用」「ユーザーに求められる質の高いコンテンツの作成」がポイントになります。

そのためには、ペルソナやカスタマージャーニーといったコンテンツの質を上げるためのデータの作成や、SEOなどの集客を強化する施策の実施、KPIの設定やチャネル設計などの運用面での指針づくりなど、やらなければいけないことは多岐に渡ります。
特に、実際に運用を始めた後は、施策のPDCAを回すため、データの管理・分析などにも注力していく必要があります。

そんな上記の実施工数を効率化し、より成果に結び付けられるような施策へと改善していくためのツールがMA(マーケティングオートメーション)ツールなのです。

マーケティングオートメーション(MA)とは?

マーケティングオートメーション(MA)とは、顧客を獲得するためのマーケティング施策を可視化・自動化し、より効率的な状態へと改善していくためのツール全般のことを指します。

見込み客の獲得という営業プロセスを効率化していく上で使われることが多く、ユーザーデータの一元管理や育成〜刈り取りまでの一連の施策の可視化・自動化などが主な役割となります。

具体的な内容だと、ユーザーリストの作成・メルマガ配信・リードの選別・レポーティングなどが挙げられます。

コンテンツマーケティングでMAを生かすポイント、メリット

1:コンテンツマーケティングにMAツールはなぜ必要?

コンテンツマーケティングにおいてMAツールが必要とされている背景には、ユーザーの行動の変化が挙げられます。
インターネットが普及したことにより、ユーザーはオンラインで自ら情報収集をおこなうことができるようになりました。つまり、サービスの営業担当者を通さずとも、比較・検討が終わってしまうケースが増加したのです。

とはいえ、サービスにアクセスしたユーザーすべてに対応するには限界があります。そこで、「質の高いユーザーの選別」「コミュニケーションの自動化」などを、MAツールを活用しておこなうことで、マーケティング活動を現代のユーザーの行動に合わせて最適化する必要が出てきたのです。

2:コンテンツマーケティングでMAツールはどう使う?

コンテンツマーケティングにおけるMAツールの主な活用方法としては下記が挙げられます。
・獲得効率の高いチャネルの分析
・ユーザー情報取得のための入力フォームの作成
・収集したユーザーデータの管理
・メルマガなどユーザーデータを活用したコミュニケーション

MAツールを活用することで、リードとなるようなユーザーを獲得するためのチャネル分析から、実際のユーザーとのコミュニケーションまで一貫して見える化・自動化することが可能なのです。

3:MAツールを生かすポイントは、メリットは?

MAツールを生かすには、目的に沿った適切なマーケティング戦略の立案と質の高いコンテンツの発信がポイントになるでしょう。あくまでもMAツールはサポートのためのツールのため、活用する上での戦略やユーザーに届ける中身の部分であるコンテンツが疎かになってしまっては、効果は期待できないでしょう。

分析やデータ管理など、細かい作業をM、Aツールを活用して自動化することで、戦略やコンテンツのさらなるブラッシュアップなど、注力すべき領域にリソースを集中できることはメリットとして挙げられるでしょう。

MAツールを正しく活用して、効果的なコンテンツマーケティングの運用を!

コンテンツマーケティングの運用において、数値の見える化・工数の削減は避けては通れない重要な項目になります。特により大きな成果に結びつけようとしたとき、効率的に施策を実行し、精度の高いPDCAを回していくことは必要不可欠でしょう。

コンテンツマーケティングを成功に導くためにも、MAツールを正しく活用して、効果的な運用を実現できるように改善していきましょう。

専門家@メディアは、130種類・2,000名の多種多様な専門家によるコンテンツの制作支援をおこなうプラットフォームです。審査に通過した専門家に記事を執筆/監修してもらうサービスなので、Googleに評価される「質の高いコンテンツ」を提供することができます。

また、内部にディレクター/ 編集者がいるため、専門家との進行・調整、記事の品質担保など、進行に必要な作業はすべてお任せいただけます。社内リソースに不安がある場合や、ワンストップで依頼したい場合などは、WordPressの構築から請け負うことも可能です。

・記事制作がしたいけど、どうやって専門家に記事を書いてもらったらいいかわからない
・テーマに対してどの専門家さんをアサインしたらいいかわからない
・記事制作がしたいけど、どのように体制を作ったらいいかわからない
・記事の質を向上させたい
・リソースがなくてまわらない
・既存の記事に問題がないかが心配なので、監修を入れたい

そんな課題をお持ちでしたら、ぜひ一度専門家@メディアを試してみませんか?

タイトルとURLをコピーしました