オウンドメディア運営で重要なのは外部パートナーとの関係性! 安定した関係を築くためのポイントを解説!

オウンドメディア

オウンドメディアを運用する場合、外部パートナーと業務を連携することは少なくありません。リソースの確保だけでなく、スキルとクオリティを担保するためには、専門的なスキルや知識を持つ専門家やライターが必要なることも多いでしょう。

では、そうした外部の人々とどのようにして関係性を築く必要があるのでしょうか。そこで、今回はオウンドメディアの運用で重要な関係性と、その関係性を築くためのポイントについて詳しく触れていきます。

オウンドメディアの基礎知識

まずは、オウンドメディアの基礎知識についてみていきましょう。

トリプルメディアとは

トリプルメディアは、下記のメディアの総称を意味するものです。掲載方法などによって使い分けることができます。メディア運用に関しても基本的にはこの3を使い分けて効果的なマーケティングを実行していきましょう。

・オウンドメディア・・・自社が制作、運営しているコンテンツ。長期で取り組む。
・アーンドメディア・・・SNSのこと。コントロールはできないものの、拡散力が高く、自社の信頼性を高めるマーケィング施策として役立てることができる。
・ペイドメディア・・・支払いが意味するように広告費を支払って掲載してもらうWeb・記事広告のこと。短期的な集客方法。

どのようなユーザーに自社の商品をアピールしたいのか、そもそも集客などにおいてオウンドメディア以外のメディアをどのように活用するのかなど戦略的なマーケティング施策が必要です。

オウンドメディアの定義

オウンドメディアの定義は、自社で保有するすべてのコンテンツのことです。多くは、記事コンテンツを掲載するwebサイトのことを指しますが、それ以外にもブログ、SNS、メルマガなどコンテンツと呼べるすべてものは、オウンドメディアといえるでしょう。

オウンドメディアはトレンド対応が必要

ここでいうトレンドは、Googleのコアアップデートを指します。オウンドメディアを運営する場合、トレンドを無視したオウンドメディア作りでは成果を出すのは難しいといえます。そのため、Googleのコアアップデートによるアルゴリズムの変化にあわせて、内容を更新するなどの対策も必要です。

オウンドメディアの主なメリット

オウンドメディアは長期的な運用が必要というだけでなく、見込み顧客を顧客に育てる役割を担うことが可能です。オウンドメディアのメリットを把握し、今後の運用を検討してみましょう。

広告宣伝費の適正化を図れる

結論からいうと、web広告は競争が激化しているため、単純な広告からの流入はすでにある程度の実績があるサービスや会社であっても厳しいのが実状です。しかし、オウンドメディアを活用した場合、検索による流入が順調に増加する可能性が高く、オウンドメディアに投資するほど評価されやすい環境があるといえます。

ブランドを構築できる

専門性を市場や一般の人々に認知してもらう場合には、わかりやすい言葉で言語化する必要があります。そのうえで、自社のブランディングの一環として活用可能です。ニーズを細かく汲み取るなどの対策を行うことで、他社と差別化したコンテンツが作成できるでしょう。

専門性の高さを評価されると相対的に信頼性が高まるため、価格競争に巻き込まれにくいなどのメリットが生まれます。

幅広い地域にビジネスを展開可能

ネットワークを活用するため、地方にある企業が都心の企業と業務を行うなどの取り組みが可能となります。これはオウンドメディアの信用性の高さが企業的に評価されていることを意味するものです。

加えて、オウンドメディアの市場は海外も視野に入れることが可能です。この場合、英文翻訳などのスキルが必要になるものの、日本に囚われない事業展開につながる可能性が高まります。

オウンドメディアと社内体制の関係性

オウンドメディアは、計画的な戦略に沿って運用するものです。そのうえで、社内体制はオウンドメディアに対してどのような影響を与えるのか見ていきましょう。

オウンドメディアの成否は企業次第

オウンドメディアは、制作だけではなく、編集や運用、効果測定も行い、改善を繰り返していく必要があります。そして、オウンドメディアを運用する場合、社内でのリソースがある程度必要です。

たとえば、記事の制作と編集を兼任していたとしても、効果測定などに関しては、すべてを一人で兼任することは難しいといえます。加えて、オウンドメディアはマーケティング施策の要となるものであり、企業の売上に直結する場合もあります。
どれくらい成果を出せば成功か、というKPI設定も、企業によって異なります。

また、企業によって担当者の知識が異なる、避けるリソースが限られるなどの課題がクリアできないケースもあります。そのため、オウンドメディアの運営は企業によって成否が大きく分かれるものだといえるでしょう。

運用方法が整っていないとオウンドメディアは継続できない

上記でも触れたものの、社内体制が整っていなければ、オウンドメディアを継続することはできません。単純に時間が足りないだけでなく、成果を上げられなければ、オウンドメディアを運営する意味がないためです。

加えて、コンテンツは改善を重ねて最適化していくものであり、数字や指標をある程度、把握できる人材が必要だといえます。そのため、ただ運営しているだけでは徐々に厳しい状態に変化していくことが想定できるでしょう。

オウンドメディアと外注先との関係性

オウンドメディアでは、部分的に外部パートナーに委託するパターンは多いといえます。加えて、社内でのリソースが絶対的に不足している場合、外部パートナーに頼らなければメディアを継続できないケースも。

ここでは、オウンドメディアに対する外部パートナーとの関係性についてみていきます。すべてに共通して信頼関係の構築が重要であるものの、どのような関係性が発生するのかによってオウンドメディアの今後にかかわることもあることを把握しておきましょう。

外部パートナーとの関係性

オウンドメディアの運営者と外部パートナーの関係性は、場合によっては運営まで任せられる心強いパートナーといえるものです。

たとえば、下記のような依頼方法が想定できるでしょう。
・記事の制作だけを依頼する
・メディアの計画から運用まで任せる
・自社運用に移行し、アドバイスを受ける

外部パートナーに関しては、記事の制作だけでなく、オウンドメディアの運用をすべて任せられる業者も存在しています。とくに今まで実績がある業者であれば、社内にノウハウが蓄積されているため、戦略やオウンドメディアの方向性に則った記事の納品は難しくないでしょう。

また、どのような依頼を外部パートナーに行った場合でも、担当者とコミュニケーションをとることによって、お互いの意思を反映したコンテンツが作成しやすくなります。

専門家との関係性

オウンドメディアと専門家の関係性は、見込み顧客や一般の人々に対して、オウンドメディアの権威性や信頼性を向上させてくれるパートナーという位置付けが最も近いでしょう。

記事の制作体制には関係なく、専門家は自身の知見とこれまでの実績、それに応じたスキルを持っていることが強みです。とくに専門家が記事を書く場合などは、わかりやすい言葉に直す必要があるものの、他社との差別化にもつながります。

また、誰が書いた記事であっても監修という形で入ることによって、その内容が真実に沿ったものだといえるものになります。

加えて、ライターと専門家が協力して記事を作ることもあり、専門家がオウンドメディアにかかわることはGoogle検索でも総じてプラスの評価として判断されます。

ライターとの関係性

ライターとオウンドメディアの関係性は、記事提供のための協力者という立ち位置です。また、ライターに関しては、依頼と継続的なフィードバックによって成長する可能性があります。

SEO対策ができるかどうか、実績や経験などに応じて単価や報酬は異なります。しかし、オウンドメディアの記事が上位表示されるための仕組みを理解したうえで、ライターは執筆を行うケースが多いといえるでしょう。これは、ライターが成果主義の世界であり、結果が残らなければ次につなげることができないためです。

加えて、編集者やディレクターとやり取りを行う場合も多く、専門家以上にオウンドメディアの数字を意識しているライターも少なくありません。

クラウドソーシングや業務委託などで、ライターに依頼ができる窓口は広がっています。また、ライターと専門家が協力してコンテンツを制作する場合、とりまとめとしてディレクターが調整に入ることもあります。

オウンドメディア内で記事を執筆する場合、順位や効果を意識していることも多いため、情報共有を行うことでモチベーションや信頼性関係の構築が可能です。

オウンドメディアと見込み顧客との関係性

ここでは、オウンドメディアと見込み顧客の関係性について詳しく触れていきます。
オウンドメディアは、見込み顧客から探してもらう存在であり、確かな価値提供によって信頼を抱いてもらうことができます。また、一方的に与えることが目的ではなく、最終的に顧客になってもらうことが目的だといえるでしょう。

オウンドメディアを通して見込み顧客に製品やサービスを認知してもらえる

オウンドメディアによるコンテンツ提供が上手くいった場合、見込み顧客に対して、広告などを行わなくても製品やサービスを幅広く認知してもらうことが可能です。

加えて、オウンドメディアは顧客の購入プロセスを分析したうえで、コンテンツを提供していくため、見込み顧客のニーズに合わせたコンテンツを作成し続けます。そのため、続けるほど、専門性や信頼性が高いと認識される効果を得ることもできるでしょう。

企業、製品・サービスを信頼してもらえれば、売上アップにつながる

コンテンツ配信を続ける中で、見込み顧客が顧客となるタイミングがあります。

たとえば、スキンケア関係のオウンドメディアだった場合には、スキンケアに関する詳細な情報だけでなく、読者が抱えている悩みを解決するコンテンツを提供し続けることによって、商品購入に至るという流れです。

また、 toCの場合は顧客心理を満たすことができれば、購入につながる可能性が高く、コンテンツをユーザーの反応にあわせた内容にすることも選択肢の1つだといえます。

安定した関係性を築くためのポイント

安定した関係性を築くためのポイントについて詳しくみていきましょう。オウンドメディアを運用する場合、安定した関係性は大切な要素となります。とくにコミュニケーションの有無、相互の連絡などを意識しましょう。

外部パートナーや専門家に対しては、定期的な連絡とコミュニケーション、そしてフィードバックをすることが重要です。たとえば記事については、何がよくて何がダメだったか、ということもフィードバックし相互に調整していくことが必要です。また、成果に応じて報酬をアップすることも検討しましょう。

オウンドメディアに安定した関係性は必須

オウンドメディアを運営する場合、社内・社外に関係なく、安定した関係性を構築することを意識しましょう。ライターや専門家に依頼する場合にも、相手とコミュニケーションを取ることを意識し、オウンドメディアの成果だけでなく、協力してくれる人材に対して最大限の配慮をおこなうことが求められます。

また、専門家とライターは外部人材であることが多いため、何をどこまでおこなうのかなど詳しい指示と情報共有をおこなうことで安定した関係性を築くことができるでしょう。

しかし、いろいろな業務がある中、外部パートナーと密にコミュニケーションをし続けるにはリソースが必要です。普段のやりとりからもわかる通り、意外と時間がかかるものです。

専門家@メディアでは、担当の編集者が企業と専門家・ライターの間に立つことで、企業の担当者がかけるコストを減らすことができます。また、記事のクオリティチェックも行うため、質の高いコンテンツ制作が可能です。
オウンドメディア運営に課題を感じた際には、ぜひ専門家@メディアにご相談ください!

タイトルとURLをコピーしました