オウンドメディア代行業者の選び方とは?選ぶポイントや注意点を紹介

SEO

オウンドメディアの運営は、多くの企業がおこなっています。

しかし、コンテンツマーケティングのノウハウが不足していたり、人手が不足していたりと、運営における課題は尽きないでしょう。

そういった課題を解決するために、オウンドメディアの運営を代行業者に依頼するという選択があります。

この記事では、オウンドメディア代行業者の活用メリットや選定ポイントについてみていきましょう。

オウンドメディアを業者に依頼するメリット

ここでは、オウンドメディアの運営を代行業者に依頼するメリットについてふれていきます。

外注する際の目的は「リソース不足の解消」もありますが、そのうえで「確実な効果を狙う」ことが重要です。

代行業者がもつコンテンツ制作のノウハウを吸収し、いかに自社に活かしていくかを考えていきましょう。

コア業務に専念できる

コンテンツマーケティングはそれなりに時間のかかるマーケティング手法で、片手間でできるほど簡単なものではありません。

コンテンツの内容や全体的な数値管理・改善策の検討などすべきことは多くあり、別の業務と兼務する状態では手が回らなくなることもあるでしょう。

知見が不足していればなおのこと。

そこで、オウンドメディア代行業者に依頼する手段があります。

代行業者により範囲は異なりますが、コンテンツの企画から作成、数値分析、改善策の提案などを業者が代わりにおこなってくれます。

外注することで時間的負担が減り、マーケティング全般の計画策定など、コア業務に時間を割くことができるようになります。

メディアの質を高められる

メディアが有益かどうかは読み手が判断するものです。

有益と判断してもらうために、運営側はコンテンツの質を高めていく必要があります。

しかし、当然ながら質の高いコンテンツを目指すと、時間も手間もかかるもの。

そこで、コンテンツの質を重視する代行業者に依頼する方法があります。

コンテンツ作成を生業としている分、これまでのコンテンツ制作のノウハウをもとにした企画のアイデアやスムーズな運用方法などを提案してくれるのがメリットです。

また、代行業者がサイト制作も請け負っている場合、サイトのデザインや使いやすさといったユーザビリティ、SEO対策などについても相談することもでき、コンテンツ含めてサイト全体のクオリティアップが期待できます。

集客・セールスの悩みの課題解決に期待できる

集客・セールスはコンテンツマーケティングも含めて、マーケティング施策全体が上手く機能していなければなかなか成果につながりません。

マーケティングを得意とする代行業者に依頼すれば、マーケティング施策の見直しからコンテンツマーケティングの改善につなげていくため、集客・セールスにおける課題解決に期待ができるでしょう。

他社事例を教えてもらえることも

実績の多いオウンドメディア代行業者であれば、同じ業界のコンテンツ制作やオウンドメディア運営に関してノウハウや情報をもっていることが多いです。

そのため、他社比較のうえで自社の強みをアピールできるコンテンツを提案してもらえることもメリットと言えるでしょう。

オウンドメディア代行業者を選ぶ際の6つのポイント

ここでは、オウンドメディア代行業者を選択する場合のポイントについてみていきましょう。

実績やコスト、コンテンツマーケティングの知識などそれぞれ代行業者の強みがあるため、検討する際の目安にしてみてください。

制作・運用実績

メディア制作実績や運用実績はオウンドメディア代行業者を探す際のひとつの目安になります。

運用しているメディアの PV 数やCVR、業界での認知度などが指標となるでしょう。

業界に対する知識

オウンドメディアは、そのメディアが位置する業界の知見がなければ、運用そのものが難しいジャンルもあります。

例えば、法律や医療など、高い専門性が必要なメディアであれば、その分野の知見を代行業者がもっているか、その分野の知見をもつライターや専門家を抱えているかがひとつの基準となります。

見積もりがしっかりしている

オウンドメディア代行業者に限らず、外注する際には見積もりがしっかりしているかどうかは重要です。

例えば、見積もりが曖昧だった場合、料金が最終的にどのように変化するかが把握できません。

そうすると、見積もりから大きく内容が異なる請求が行われる可能性もあるでしょう。

何にどのぐらいの費用が発生し、最終的にどのぐらいの金額になるのかなどを明確に提示する代行業者を選ぶと安心です。

SEOに強い

SEO に強いかどうかは、その代行業者が請け負った案件のキーワードに対する結果を聞くことによって把握することが可能です。

加えて、日々コンテンツの成果を比較できるツールなどを用いて結果を測定しているかもひとつの目安となります。

また、Googleのコアアップデート情報に詳しかったり、SEO対策の独自ノウハウをもっていたりすれば、SEOに対する専門性が高いと言えるでしょう。

アフターケアの有無

オウンドメディアの運営は短期的な成果は見込めないため、長期的に見ていかなければなりません。

そのため、代行業者の契約期間が終わった後も相談できたり、自社で運営できるように運用方法をレクチャーしてくれたりする代行業者は心強いです。

コミュニケーションを密にとれるかどうか

成果や実績が確かだったとしても、コミュニケーションが取れるかどうかは別の判断基準で検討しましょう。

例えば、自社の業界の知見をあまりもっていない場合は、事前のヒアリングや運用中の質問など、こまめにコミュニケーションをとって知識を吸収していく姿勢のある代行業者だと安心できます。

また、進捗状況が不透明だと「本当にちゃんとやっているのか?」と不安になってしまいます。

そのため、進捗状況を密に報告してくれる代行業者を選ぶのがポイントです。

オウンドメディア代行業者に依頼する際の注意点

ここでは、実際にオウンドメディア代行業者に依頼する場合の注意点を見ていきましょう。

例えば、それなりの費用が発生する、ノウハウが自社に蓄積されないといったデメリットがあるため、そのデメリットに対してどのように対策するのかを事前に検討しておきましょう。

依頼する際には必ず費用が発生

サイトもない状態からコンテンツを作成し、運用する場合、サイト制作費だけでなく、コンテンツ量もそれなりに必要となるため、ある程度の料金が必要となります。

ほぼどの代行業者も依頼費用で利益を確保しつつ、制作から運用を行います。

そのため、予算が限られている場合は事前に共有し、予算内でどのような運用をおこなえるかを綿密に話し合いましょう。

運用ノウハウが蓄積されない

オウンドメディア代行業者に依頼することで、メディアの運営をある程度任せることができます。

しかし、代行業者にすべてを任せた場合、運用に直接携わることが減り、ノウハウが自社に蓄積されづらくなります。

そのため、自社で担当者や部署を選定したうえで、コミュニケーションを密にとりつつ、代行業者の施策の意図や運用方法を都度確認して、ノウハウを吸収していきましょう。

サイト制作&質の高いコンテンツ制作なら「専門家@メディア」

専門家@メディアは、法律やマネー、不動産など各ジャンルの専門家によるコンテンツ制作支援をおこなうプラットフォームです。

専門家との間には専属のディレクターが間に立ち、SEO対策や進行管理、原稿の校正・校閲も代行します。

WordPressによるサイト制作実績も豊富なため、包括的なコンテンツマーケティング支援が可能です。

・これからオウンドメディアを立ち上げたいけど知見がない
・すでに運用しているけどリソースが足りない

そんな課題をお持ちでしたら、ぜひ一度専門家@メディアまでご相談ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました