SEO対策キーワードの選び方とは?文章への入れ方も徹底解説

SEO

企業の商品やサービスを売るためには、多くのユーザーを集客するのが重要です。集客の一つとして、比較的手軽に実践できるのがSEOとなります。

SEOは検索エンジンからの流入数を増加させるため、多くの企業が取り組んでいることでしょう。しかし、SEO対策をするときに「キーワードをどのように選べばいいの?」「文章にはどのように入れればいいの?」と悩む方も多いと思います。

そこで今回は、SEO対策キーワードの選定手順やポイント、また本文への効果的な挿入方法などを解説します。

SEOのキーワード選定の重要性

SEOのキーワード選定は、適切な言葉を選ぶことでユーザーの満足度をあげて、商品やサービスの成約にも繋がりやすくなります。

ユーザーは、疑問を解決するために検索エンジンを利用しています。例えば、SEOについて知りたい方であれば「SEO」と検索したり、「SEO とは」と検索したりするでしょう。このとき、適切なキーワードを設定してタイトルや本文中にキーワードを記載することで、ユーザーは「悩みを解決できそうなWebサイトだ」と認識し、クリック率の向上が期待できます。

また、ユーザー側だけではなく、SEOの評価をするGoogle側にも効果があります。Googleのアルゴリズムは、ユーザーが検索欄に入力したキーワードを元に検索を開始し、キーワードを解決できそうなコンテンツから順に表示していくのです。

キーワードを適切に含めることで、Googleのアルゴリズムは疑問を解決できるコンテンツであると認識してくれるため、上位表示されて流入数増加にもつながるでしょう。

SEOキーワードの選定手順を4ステップで解説

SEOキーワードの重要性を理解したところで、選定手順が気になるところです。ここでは、以下の4ステップに従ってキーワード選定手順を解説しましょう。

  1. キーワードテーマの選定
  2. 付属キーワードの確認
  3. 検索ボリュームの調査・競合性の確認
  4. SEO対策キーワードの決定

ステップ1: キーワードテーマの選定

まず最初は、キーワードに関するテーマから選定しましょう。

テーマは、自身が作成するコンテンツの方向性を定める重要な要素です。テーマ次第で集客すべき年齢層やコンテンツ方針が変わってくるため、自社が目指している姿をイメージしながら決める必要があります。

テーマを選定するときのポイントは、すでに商品やサービスを打ち出している場合にはできる限り近いジャンルのテーマにすることです。

例えば、フィットネス関係のサービスを提供しているWebサイトだとしましょう。その場合、フィットネスに関係のある「食事」をキーワードとして選定することで、食事を気にする方がフィットネスに興味を持って流入してくると予想できます。

テーマはニッチなところを攻めるのではなく、最初はシンプルで検索ボリュームが大きいキーワードを軸にすると良いでしょう。

ステップ2: 付属キーワードの確認

付属キーワードとは、ステップ1で決めたテーマに関連するキーワードのことです。付属キーワードとして考えられるのは、以下のとおりです。

  • サジェストキーワード
  • サイトへの流入キーワード
  • SNSの発言

サジェストキーワードは、検索欄へキーワードを入力したときに表示されるキーワードの候補です。例えば、食事と入力すると「食事 ダイエット」と候補が表示されるため、ダイエットがサジェストキーワードとなります。サジェストキーワードを確認することで、テーマをより深く考えていくときに役立つでしょう。

サイトへの流入キーワードは、検索エンジンからWebサイトを訪れた方が検索したキーワードのことです。流入キーワードは、思っていたのと違うキーワードを検索して流入してくるケースも多く、今まで考えていなかったユーザーのニーズを把握できます。

SNSの発言は、今までと違ってリアルなユーザーの声が反映されているため、よりユーザー側に寄り添ったキーワードを見つけられます。例えば、自社が販売している商品やサービスに関連したキーワードをSNSで検索すると、さまざまなユーザーの生の声が聞けるため新たな視点で物ごとを俯瞰できるでしょう。

ステップ3: 検索ボリュームの調査・競合性の確認

検索ボリュームとは、指定のキーワードで検索している人の割合が分かるものです。検索ボリュームが多いキーワードはビッグキーワードと呼ばれており、検索する人が多い一方でライバルが多くなります。

検索ボリュームの調査をするときには、大きさと成果のバランスを考えながら進めるのが重要です。一番良いのは、ボリューム数が多いにもかかわらず競合サイトが少ないキーワードです。

検索ボリュームを調べたいときには、Googleが提供している「キーワード プランナー」のようなツールを活用すると、SEOキーワードのボリューム数が分かります。ボリューム数が分かれば、他社にも勝てるような質の良いコンテンツを制作できるかどうかで判断を進めていきましょう。

ステップ4: SEO対策キーワードの決定

今まで解説した手順を踏んでいけば、最後にSEO対策キーワードを決めます。

キーワードの選定で重要になるのが、コンテンツとの親和性が保たれているのか、今後の目標を達成できるものであるのかです。また、キーワード選定は一度決めたら終わりではなく、アップデートを継続していかなければなりません。

アップデートを繰り返すことで、キーワードの成果を見直すきっかけとなり、よりユーザーファーストなコンテンツ制作につながるでしょう。

SEOキーワードを決めるときのポイント

SEOキーワードを決めるときには、いくつかのポイントがあります。ここでは、2つのポイントをご紹介しましょう。

キーワードの種類

1つ目のポイントは、コンテンツの方向性に応じたキーワードの種類を選定することです。ユーザーが検索するキーワードの種類としては、大きく以下の4つに分けられます。

  • Buyクエリ
  • Doクエリ
  • Goクエリ
  • Knowクエリ

キーワードの選定時には、ユーザーに訴求したいページがどの種類に該当するのかを明らかにし、進めていくのがおすすめです。

Buyクエリ

Buyクエリは、ユーザーが商品を購入したいときに活用される検索キーワードです。BuyクエリをSEOキーワードとして選定した場合、商品やサービスの購入に結びつきやすいため、収益を目的としたWebページに向いています。

Doクエリ

Doクエリは、ユーザーが何らかの行動を起こしたいときに活用される検索キーワードです。例えば、新しくホームページを作成したいときに依頼する企業の選定をするなどです。Doクエリは、企業のサービスを訴求したいときに効果的でしょう。

Goクエリ

Goクエリは、特定のサイトへ訪問したいといった指名検索で利用されます。GoクエリでヒットするWebページは、サイトのトップページとなります。

Knowクエリ

Knowクエリは、ユーザーが知りたい情報を検索するときに使われるクエリです。実現するための方法を検索するため、ブログなどの解説記事で効果を発揮します。例えば「SEO ポイント」「SEO コツ」などのキーワードとなります。

セグメント別キーワード

2つ目は、セグメント別にキーワードを設定することです。

セグメントとは、ユーザーの情報をグループごとに区別したものです。今回ポイントとなるのが「マーケティングセグメント」となります。

マーケティングセグメントには、

  • 確実層
  • 顕在層
  • 準顕在層
  • 潜在層

に分類してアプローチするのが効果的です。上から順に、自社製品やサービスの購買意欲が高く、セグメント別キーワードでは潜在層を顕在層に変化させていくのが重要です。

また、セグメントを考えると同時に検索意図を考える必要もあります。確実層や顕在層の顧客は、目当てとなる商品やサービスが決まっているため、直接的なキーワードで問題ありません。しかし、潜在層の顧客は本人自身が課題を感じていないため、まずは製品をアピールするよりも導入するメリットを理解してもらわなければならないのです。

したがって潜在層の顧客については、ノウハウ記事や解説記事などを展開しながらサービスの宣伝要素を盛り込んでいくと良いでしょう。

SEOキーワードを本文へ効果的に挿入する5つの方法

SEOキーワードは、ただ単に本文中へ記載すればいいわけではありません。SEOキーワードは、正しい方法で挿入していく必要があります。効果的に挿入する方法としては、以下の5つが挙げられます。

  1. タイトルに含める
  2. 見出し内に含める
  3. 本文内には3%以内に収める
  4. サジェストキーワードを活用
  5. 共起語を活用

以下では、各方法について詳しく解説していきます。

方法1: タイトルに含める

1つ目は、SEOキーワードをタイトルに含めることです。

タイトルに含める理由は、大きく2つあります。

1つ目は、ユーザーが検索結果を見たときに、魅力的なタイトルであれば思わずクリックしてしまうからです。

ユーザーは、何らかの悩みを解決するために検索をします。そのとき、多くのユーザーはタイトルを見て悩みを解決できそうなのかを判断するのです。したがって、タイトルにSEOキーワードを含めることで、ユーザーの疑問を解決できるコンテンツであるアピールにつながります。

2つ目は、SEOの評価をするアルゴリズムに判定されやすくなるからです。SEOの検索順位は、検索アルゴリズムによって良質なコンテンツであるかを評価します。SEOキーワードを含めることで、アルゴリズムが評価するときにユーザーの疑問を解決できる質の高いコンテンツであると評価しやすくなるのです。

方法2: 見出し内に含める

2つ目は、本文中の見出しにキーワードを含めることです。

見出しは、その段落に書いてある内容を簡潔かつ分かりやすく伝える目的があります。多くのユーザーは、上から順に本文を読んでいくのではなく、全体を流し見して興味のある部分だけを集中的に読む傾向が高いです。

したがって、見出しにSEOキーワードを含めることで、ユーザーが目を留めてくれる可能性も上がるでしょう。

方法3: 本文内には3%以内に収める

3つ目は、本文内に含めるキーワードの割合を3%以内に収めることです。

SEOキーワードは、多ければ多いほど効果的なわけではありません。現在のコンテンツマーケティングでは、キーワードを不自然に含めすぎると低品質なコンテンツだとみなされてしまい、SEOの評価が低くなってしまうでしょう。

SEOキーワードは、本来伝えたいことの妨げとなるような不自然な入れ方をせず、ユーザーへ伝えるべき内容を含めるようにしましょう。

方法4: サジェストキーワードを活用

4つ目は、サジェストキーワードを活用することです。

サジェストキーワードは、検索エンジンで「SEO」と入力したときに「SEO とは」「SEO コツ」などと表示される候補キーワードのことを指します。サジェストキーワードはユーザーが検索しやすいキーワードとなるため、本文中に含めることでSEO評価の向上につながりやすいです。

方法5: 共起語を活用

5つ目は、共起語を活用することです。

共起語とは、対象となるSEOキーワードと一緒に使われることが多い言葉を指します。つまり、共起語を上手く本文中に含めることで、ユーザーの疑問をより解決しやすくなるのです。

検索エンジンのアルゴリズムは、ユーザーの課題を解決できるコンテンツを評価する傾向が強いです。そのため、SEOキーワードだけではなく、共起語もあわせて利用していきましょう。

SEOキーワードを効率的に選定するためのツール3選

SEOキーワードを選定するときは、下記のツールを使用するのがおすすめです。

  1. Googleキーワードプランナー
  2. aramakijake
  3. ラッコキーワード

ツール1: Googleキーワードプランナー

1つ目のチェックツールは「Googleキーワードプランナー」です。

GoogleキーワードプランナーはGoogleが提供しているチェックツールで、SEOキーワードの検索ボリュームやGoogle広告を掲載するための単価がわかります。

また、メインのSEOキーワードだけではなく、先述した付属キーワードの検索も可能なため柔軟に活用できるのです。

無料版の場合は、広告単価が具体的なデータで表示されないため注意が必要です。ただし、あくまでSEOキーワードの選定で活用したい方は、無料版の利用でも十分な効果を発揮します。

ツール2: aramakijake

2つ目のチェックツールは「aramakijake」です。

aramakijakeは、会員登録不要で無料利用ができるSEOツールとして多くの方に利用されています。主な機能としては「検索数予測」と「競合検索数予測」があります。

検索数予測では、対象となるSEOキーワードを検索すると、GoogleとYahoo!それぞれの月間検索数が表示されます。この結果を見て、どれくらいユーザーにとって需要のあるキーワードであるのかがわかるのです。

競合検索数予測では、自社のWebサイトと対象のSEOキーワードを入力することで。現在の検索順位や月間推定検索数がわかります。キーワードの選定時には、検索数予測を利用していくのがおすすめです。

ツール3: ラッコキーワード

3つ目のチェックツールは「ラッコキーワード」です。

ラッコキーワードは、関連するサジェストキーワードやYahoo!知恵袋などのQ&Aを一括で取得できる便利ツールです。使い方としては、他ツールでメインとなるSEOキーワードの検索ボリュームを調査し、付属となるキーワード選定をラッコキーワードに任せるのが良いでしょう。

適切なキーワード選びで成果の出るSEO対策をしよう

SEOキーワード選定は、適切に選ぶことでユーザーの満足度をあげ、商品やサービスの成約にも繋がりやすくなります。それに加えて検索アルゴリズムにも評価されやすくなり、検索順位が上がることでユーザーの目に留まりやすくなるのです。

これからSEOキーワード選定をする方は、この記事で紹介した選定手順やツールを活用していき、本文中へ効果的に含めながらSEO対策をしていきましょう。

SEO対策キーワードの選び方に不安がある場合は、専門家@メディアを試してみませんか?

競合調査・SEO対策キーワードの選定から記事制作までノンストップで請け負います。

専門家@メディアは、130種類・2,000名の多種多様な専門家によるコンテンツの制作支援をおこなうプラットフォームです。審査に通過した専門家に記事を執筆/監修してもらうサービスなので、Googleに評価される「質の高いコンテンツ」を提供することができます。内部にディレクター/ 編集者がいるため、専門家との進行・調整、記事の品質担保など、進行に必要な作業はすべてお任せいただけます。

SEO対策に課題をお持ちでしたら、ぜひ一度専門家@メディアを試してみませんか?

専門家@メディア編集部

専門家@メディアは、130職種・2,000名の多種多様な専門家による、専門性が高く、信頼・価値のあるコンテンツ制作支援を行うプラットフォームです。経験豊富な編集者が多数在籍し、お客様のご要望に沿った質の高いコンテンツ制作をサポートいたします。

専門家@メディア編集部をフォローする
SEO
専門家@メディア編集部をフォローする
専門家@メディア
タイトルとURLをコピーしました