SEO対策を外部業者に依頼するメリットとは?依頼時のポイントも解説

SEO

SEOといえば、検索エンジンからの流入が期待できるWEBマーケティング手法の一つです。SEOは、継続的な集客を見込めるため、多くの企業で実施していることでしょう。企業の中には、SEOの効果を得るために外部業者への依頼を検討している方もいるかもしれません。そのときに「SEO対策業者ってどういうことをしてくれるの?」「依頼時の注意点はあるの?」と疑問に思う方もいるでしょう。

そこで今回は、SEO対策を外部業者に依頼するメリットや依頼時のポイントを解説します。

SEO対策業者とは

SEO対策業者といっても、どのようなことを実践してくれるのか分からない方も多いでしょう。ここでは、SEO対策業者について解説します。

SEO対策業者は「内部対策」「外部対策」「コンテンツSEO」を実施する

そもそもSEO対策業者とは、一定の費用を支払うことで企業のSEO対策を実践してくれる業者です。

SEO対策業者が実践してくれる内容としては、主に以下3つの対策があります。

  • 内部対策
  • 外部対策
  • コンテンツSEO

内部対策

内部対策とは、WEBサイト設計の見直しやタグの設置といったサイト内の対策です。主に、対象となるWEBサイトのプログラムを扱うことになるため、専門性が必要となります。

具体的には、以下の対策が考えられます。

  • XMLサイトマップの作成
  • WebサイトのSSL化
  • メタディスクリプションの設定
  • 見出しタグを意識した記事作成
  • パンくずリストの設置
  • ディレクトリ階層の見直し
  • robots.txtの使用
  • 構造化マークアップ
  • ページネーションの見直し
  • URLの正規化

内部対策は、実践したから効果が期待できるというわけではなく、SEOで評価されるときに減点されないことが目的であると認識しておきましょう。

もし内部対策が適切でない場合は、どれだけ優良なコンテンツを掲載していたとしても、正しい評価を得られずに上位表示されないケースが高いため注意が必要です。

外部対策

外部施策とは、被リンクを獲得するための施策です。

被リンクとは、外部サイトに自社WEBサイトのリンクが掲載されることを指します。被リンクの獲得数が多いWEBサイトでは、SEOが評価するときに「外部サイトが参考にするくらい良質なコンテンツである」と認識されるため、検索結果の上位に表示されやすくなるのです。

コンテンツSEO対策

コンテンツSEOとは、今までの内部対策や外部対策と違い、コンテンツ自体を作成してSEOの評価を高めることです。

そもそもGoogleに評価されるためには、ユーザーの悩みを解決できる優良なコンテンツであるのかが重要となります。もし、内部対策や外部対策を十分に実施できていたとしても、コンテンツSEOができていなければ評価されません。Googleでは、ユーザーファーストであることを企業理念にしていることもあり、ユーザーの悩みを解決できるコンテンツが評価されやすくなっているのです。

SEO対策業者の料金体系

SEO対策業者には、主に以下2つの料金体系があります。

  • 成果報酬型
  • 固定費用型

それぞれ解説しましょう。

成果報酬型

1つ目の料金体系は「成果報酬型」です。

成果報酬型とは、依頼時に決めた目標の達成時に費用が発生する料金体系です。多くみられのは、対象のキーワードで10位以内にランクインした場合、順位に滞在する日数から費用を算出します。

例えば、SEOで7位を獲得したときに10日間掲載され続けたとしましょう。その場合には、7位に対する費用が1,000円としていたら、1,000円×10日間で10.000円の費用が発生します。

固定費用型

2つ目の料金体系は「固定費用型」です。

固定費用型は、結果に関係なく固定の費用を支払う料金体系になります。一般的には、1ヶ月あたりの費用を支払うケースが多く、実施する施策によって費用が異なります。

SEO対策業者に依頼する4つのメリット

SEO対策業者への依頼は、主に以下4つのメリットが得られます。

  • 即効性がある
  • 人員削減につながる
  • SEOの知識が身につく
  • 最新の情報を得られる

それぞれ解説しましょう。

メリット1:即効性がある

SEO対策業者はSEOに関するプロであるため、どのように進めれば効果が出るのかを知っています。また、実績が多い業者であれば、実践に伴う経験を元に最短ルートで効果を出すための施策をおこなってくれるでしょう。

もし、企業内にSEOを理解している人材がいない場合、なんとなくで進めても効果が出にくいものです。したがって、プロに依頼してSEO対策を進めることで、自社内の人材で進めるよりも効果が出やすくなるといえます。

メリット2:人員削減につながる

SEO対策には、社内人材のリソースが必要となります。内部対策や外部対策だけではなく、コンテンツSEOにも取り組んでいかなければならないため、全ての対策を進めていくには多くの手間と時間を要します。

また、一度実施したら完了するのではなく、継続的に対策を見直して実践していく必要があります。

しかし、SEO対策を外部業者に依頼することで、自社のリソースを使わずに対策を進めていけるのです。人員削減ができることで、社内の人間は本来集中すべき新たなコンテンツの作成や分析などに時間が使えます。

メリット3:SEOの知識が身につく

SEO対策業者はSEOに関するプロであるため、自社の対策を通じて社内の人材育成にもつながります。

例えば、SEO対策業者が内部対策としてどのような対応をしたのか、外部対策のためにどのような取り組みをしているのかなど、プロの対応をすぐそばで見れるのです。

SEO対策業者へ依頼しつつ、自社社員の育成を並行しておこなうのも良いでしょう。

メリット4:最新の情報を得られる

SEOでは、Googleが定期的におこなうアップデートにより、今までの順位が大きく変動するケースがあります。したがって、SEO対策をするのであれば、Googleアップデート情報は常に追い続ければならないのです。

しかし、自分でGoogleのアップデート情報を学び続けるのは難しく、労力もかかってしまいます。そこで、SEO対策業者に依頼することで、SEOの最新情報を定期的に手に入るだけではなく、アップデートに対応した対策も実践してくれるのです。

依頼するときには、SEO対策業者へ全て丸投げするのではなく、どのような対応をしているのかも把握しておくのが良いでしょう。

SEO対策業者に依頼する4つのデメリット

SEO対策業者に依頼するときには、主に4つのデメリットが考えられます。

  • 金銭的なコストがかかる
  • 効果を得られる保証がない
  • 騙される可能性がある
  • ペナルティの対象になる可能性がある

それぞれ解説しましょう。

デメリット1:金銭的なコストがかかる

SEO対策業者には、先述した通り「成果報酬型」か「固定費用型」などの方法で料金を支払う必要があります。どちらで依頼する場合でも、数万〜数十万以上の金額が発生します。SEO対策に資金を投資できない場合には、全ての対策を業者に任せるのも難しいでしょう。

もし、SEO対策業者へ依頼するときには、一定の期間だけ利用し、そこで結果が出るかを見極めるなどの使い方をすると予算内で対策をおこなえます。

デメリット2:効果を得られる保証がない

SEO対策業者に依頼したからといって必ずしも効果を得られるわけではないことです。

そもそもSEO対策は、どれだけ最善と言われている方法があったとしても、そのときの状況によって評価が異なります。

例えば、内部対策がしっかりとおこなわれていない、被リンクの獲得が少ない、コンテンツの質が悪いなどさまざまです。

また、こうした原因というのはデータとして全てが明らかになるわけではないため、実践と検証を繰り返していくしかありません。

SEO対策業者についても同じであり、全ての正解を知っているわけではなく、あくまでもSEO対策の実践と改善を効率的におこなってくれるものだと認識しなければなりません。

したがって、必ずしもSEO対策の効果が得られるという理由で利用するのでなく、今よりも効率的におこなうことを目的に活用するのが良いでしょう。

デメリット3:優良な業者を見極める必要がある

SEO対策業者の中には、本来の対応内容では考えられない金額を請求してくることや、Googleで定めているガイドラインに違反する方法でSEO対策をしてくる場合があるようです。

例えば、外部対策として「被リンクを大量に獲得させる」、コンテンツSEOとして「記事がほとんど他社のコピペである」などといった行為はSEOの評価を下げる要因になりやすいです。こうした行為はペナルティの対象になる可能性があります。

Googleからペナルティを受けると、対象のWEBサイト全体のSEO評価が下がってしまい、どれだけ良質なコンテンツを作成していたとしても、適切な評価を得られなくなってしまうのです。

そうならないためにも、しっかりとした業者を見極めて選ぶ必要があります。

SEO対策業者に依頼する時のポイント

しっかりとしたSEO対策業者を選ぶために、依頼時には以下のポイントをおさえましょう。

  • 業者のWEBサイトがSEO対策されているのか
  • 数字としての実績があるのか
  • 安いからという理由で依頼しない
  • 「確実に」「必ず」といった言葉を使わないのか
  • 事前にSEOの基本知識を身につけておく

業者のWEBサイトがSEO対策されているのか

そもそも、SEO対策を仕事としているのであれば、当然ながら自社のWEBサイトのSEO対策もしっかりとされているはずです。したがって、依頼する前には、対象のWEBサイト全体を閲覧し、内部対策やコンテンツがしっかりとされているのかを確認しましょう。

数字としての実績があるのか

詳しい数字で実績を証明してくれるのかを判断するのが重要です。例えば、SEO対策によって企業の売り上げがどれくらい上がったのか、どれくらいの集客効果が得られたのかなどです。直接実績があるのかを聞き出し、具体的な数字を持って証明できるかどうかが重要です。

安いからという理由で依頼しない

他の業者と比べて安く済むのであれば、依頼をしたくなるものでしょう。しかし、そもそもSEO対策というのは、多くの労力や時間がかかるものです。そのSEO対策を依頼するため、ある程度の金額は覚悟しておかなければなりません。もし、非常に安価でSEO対策をおこなうという場合には、内容や実績等を聞いたうえで判断する必要があります。

ただし、安いから悪質であるというわけではなく、SEO対策業者を判断する指標として安いだけで依頼をしてはならないということです。

「確実に」「必ず」といった言葉を使わないのか

SEOで1位を獲得するためには、キーワード選定から内部対策や外部対策、そして良質なコンテンツ作成といったようにさまざまな施策をする必要があります。多くの労力がかかるからこそ、しっかりとした業者であれば簡単に「SEOで1位を獲得できます!」といったような言葉をかけてこないでしょう。

しかし、悪質な場合には、とにかくサービスの成約に取り付けたいという理由から、根拠のない理由を伝えてきます。したがって、「確実に」「必ず」といった言葉が出ないかを見極めましょう。

事前にSEOの基本知識を身につけておく

事前に基本知識を持っていれば、SEO対策業者が言っていることに信憑性があるかどうかも見極められやすくなるのです。

また、知識を持っていることで、どれくらいの労力で達成できるのかの見通しがついて適切な金額で依頼できるようになります。

したがって、事前にSEOの基本知識を身につけたうえでSEO対策業者への依頼をしましょう。

SEO対策業者のメリットを理解して依頼しよう

SEO対策業者への依頼は、SEOのプロによって対策してくれるため、企業内に人材がいないときでも効率的に対策を実施していけるのが特徴です。これからSEO対策業者への依頼を考えている方は、今回紹介したポイントを意識したうえで業者選定をしていきましょう。

専門家@メディア編集部

専門家@メディアは、130職種・2,000名の多種多様な専門家による、専門性が高く、信頼・価値のあるコンテンツ制作支援を行うプラットフォームです。経験豊富な編集者が多数在籍し、お客様のご要望に沿った質の高いコンテンツ制作をサポートいたします。

専門家@メディア編集部をフォローする
SEO
専門家@メディア編集部をフォローする
専門家@メディア
タイトルとURLをコピーしました