SEOで成果を出すライティングの方法とは? 高評価につながる記事作成のポイントも解説

SEO

SEOライティングは、検索エンジンで上位表示できる、WEB上に公開する記事として最適化された文章の作り方を指しています。

またWEBで公開する記事には商品購入やお問い合わせの増加など、それぞれコンバージョン(*)が設定されています。

SEOライティングでは上位表示とコンバージョンの両方を狙いながら、ユーザーの満足度が高い記事を執筆することが大切です。

この記事ではSEOライティングの方法を中心に、SEOライティングの質を高めるポイントなどを説明します。

(*)コンバージョン:WEBメディアにおける最終的な成果のこと。商品購入やお問い合わせ流入等、コンバージョンは各メディアで異なる。

SEOライティングとは

SEOライティングとは、WEBメディアに特化したライティング方法です。

SEOライティングでは検索エンジン上で対策キーワードを上位表示させることを主軸としながら、商品購入など各記事で設定されたコンバージョンを狙います。

ライティングと聞くと、一般的には「文章の綺麗さ/正しさ」「論理的な文章」が重要視されがちです。もちろんこれらの要素はSEOライティングでも重要な要素ではあります。

しかしSEOライティングの主たる目的は「対策キーワードで記事を上位表示させること」です。対策キーワードで上位表示させるには、そのキーワードで検索するユーザーのニーズをつかむ必要があります。

一般的なライティングとSEOライティングの大きな違いは、検索するユーザーのニーズを汲み取るかどうかという点です。

そのため極端な話ですが、一文だけで上位表示できると思えば、むやみに文字数を増やさないのもSEOライティングでは有効になり得るのです。

SEOライティングでは純粋な文章力よりも、対策キーワードで上位表示させるためにユーザーのニーズをいかに汲み取り、分かりやすく提示することかが重要になってきます。

SEOライティングで押さえたい前提条件

SEOライティングを行う前に、紙媒体と異なるWEBメディアの特徴を理解しておく必要があります。ここでは、SEOライティングを行う上で押さえたい前提条件を4点紹介します。

紙媒体とは異なる

SEOライティングで押さえたい前提条件の一つ目は、WEB上に記事を投稿するということです。同じライティングでも、WEBメディアと紙媒体では企画・構成作成から、実際の原稿作成、投稿まで、まるで作り方が異なっています。

SEOライティングはWEB上に公開する前提で記事を執筆するため、WEBの特性をしっかり把握しておく必要があります。

SEOライティングユーザーの検索意図を掴める、といったSEOを始めとするWEBマーケティングの知識がより重要です。

離脱されやすい

SEOライティングで押さえたい前提条件の二つ目は、WEB上に公開する記事は、離脱されやすいという点です。

紙媒体は基本的に、先に書籍代を支払ってから記事を読みます。人は代金を払ったものに対しては、何かしら対価を得たいと思うもの。そのため紙媒体では「読む」という、やや負荷のかかる行動を積極的に行い、なるべく最後まで読み通そうとします。

しかしWEB上の記事コンテンツは、そのほとんどが無料で読めるものです。無料だからこそユーザーは、紙媒体ほど「元を取りたい」とは基本的に思っておらず、飽きればすぐに離脱します。
このようにWEB上の記事コンテンツでは、離脱されやすい点をまず押さえておく必要があります。仮に記事後半で読み応えのあるコンテンツを入れていても、記事前半で読者を惹きつけられなければ、目を通すことなく離脱されてしまいます。

そのためSEOライティングを行う上では「いかにユーザーに離脱されないか」という視点で記事を書くことが大切です。

競合は記事コンテンツ以外にも存在する

WEB上で記事を作成する場合、競合は同じように記事コンテンツを発信するメディアだけではありません。

そもそも人が検索エンジンを使う時はどのような時でしょうか? 何かしら悩みを解決したい、情報を知りたいといった、様々な目的を解消するために、検索エンジンを使う人が大半だと考えられます。

そうしたユーザーの悩みや気持ちに寄り添うのがSEOライティングでは重要になりますが、ユーザーは必ずしも文章を読んでそれらの悩みや問題を解決したいとは思っていません。

動画の方が文章よりも分かりやすくて理解しやすいのであれば、動画を選択するでしょう。

このようにWEBメディアのおける記事の競合は、同じくWEBメディアの記事コンテンツだけでなく、動画や音声メディアなど、ありとあらゆるコンテンツが競合となりうるのです。

SEOは変動しやすい、記事投稿後もポイント

四つ目の前提条件は、SEOは変動しやすく、記事投稿後も分析を行い随時ブラッシュアップすることが大切な点です。

定期的に行われるGoogleを始めとした検索エンジンが行う、アルゴリズムのアップデートによって、SEOの順位は簡単に変動します。時には一回のアップデートで大幅に順位を下げられることも。

そのためSEOライティングでは、記事が公開したらそれで終わり、という話にはなりません。記事が公開されてからも常に分析を行う必要があります。具体的には以下のような項目を随時分析すると良いでしょう。

● 対策キーワードでの順位
● インデックス(*)されているクエリ
● 検索画面の表示回数とクリック数/率

(*)インデックス:検索エンジン上に登録されていること

SEOライティングの方法

では具体的なSEOライティングの方法をこれから説明します。SEOライティングでは主に準備・記事執筆・投稿の3段階に分かれています。

これから説明するのは3段階をさらに5つのフェーズに細分化したものですが、(1)〜(3)までは実際に記事を作成する前の準備段階です。

SEOライティングでは特に、記事を執筆する前の準備段階が重要であり、ほとんどの記事質は準備段階で決まるといわれています。実際にSEOライティングを行う上でも、準備段階になるべく多くの時間・手間をかけるようにしましょう。

(1)キーワード選定

SEOライティングを行う上でまず行うのがキーワード選定です。SEOライティングの目的は特定のキーワードで検索上位の記事を書くことであり、キーワード選定なしには始まりません。

またキーワードは適当に単語を選定すれば良いわけでもなく、そのキーワードがどれだけ検索されているかなどを確認する必要があります。

いくらキャッチーなキーワードでも、月間の検索回数が100未満と少なければ、上位表示したとしても、その後のコンバージョン(*)につながりません。

逆にビッグキーワードと呼ばれる、検索回数が多いキーワードになると、競合も強い場合が多く、なかなか上位表示するのは難しくなります。

なお特定のキーワードにおける月間検索回数を調べるには様々なツールがありますが、無料で行いたい場合はaramakijakeUbersuggestといったツールがおすすめです。

上記ツール等を活用し、記事に最適となるキーワードを選出していきましょう。

(*)コンバージョン:WEBメディアにおける最終的な成果のこと。商品購入やお問い合わせ流入等、コンバージョンは各メディアで異なる。

(2)検索意図の把握

キーワードが選定したら実際にそのキーワードで検索を行い、検索意図を把握する段階に入ります。

キーワードを検索画面に入れる際は、自身の閲覧履歴などが反映されない、シークレットウィンドウ(Google Chrome)あるいはプライベートウィンドウ(Safari)を用いると良いでしょう。

WEB上の記事コンテンツには、大まかに以下4つの検索意図が存在し、それぞれにはニーズがあるとされています。

● KNOWクエリ:正確な情報をわかりやすく知りたい
● GOクエリ:賢く移動したい
● DOクエリ:なるべく簡単に行動したい
● BUYクエリ:失敗せずに買いたい

実際にキーワードを検索し、どの検索意図を踏まえた記事コンテンツが上位表示されているのかを確認しましょう。キーワードによっては、複数の検索意図が混在している記事コンテンツが上位表示されている場合もあります。

上位表示されている検索意図は、ユーザーが求めている情報の内容だといえます。それらの検索意図に対応するSEOライティングを行うことで、上位表示されやすい記事コンテンツが作成できるでしょう。

(3)構成案作成

対策キーワードの検索意図がつかめたら、構成案を作成します。いきなり原稿を書き始めるのでなく、構成案を作成してから記事執筆を行った方が大きな不一致も生じにくく、スムーズな流れになるでしょう。

特にSEOライティングでは通常のライティングとは異なり、見出しに対策キーワードを自然な範囲で入れるなど、ポイントを抑えたライティングを行うのが大切です。

またこの段階で、しっかり対策キーワードの検索意図が踏まえられている構成案が作成できるかが重要です。

たとえば「中小企業診断士 試験内容」というキーワードの場合、ユーザーには「中小企業診断士の試験内容について、正確な情報をわかりやすく知りたい」という検索意図があることがうかがえます。

しかしここで正確な情報をちゃんと伝えないと、と思うあまり、中小企業診断士の概要や歴史の話がつらつらと書かれていたらどうでしょうか。ユーザーにとっては十分すぎる情報量に、かえって不便だと感じる可能性も少なくありません。

こうした不都合を生じさせないためにも、あらかじめ構成案を作成するのが大切なのです。構成案を作成したら、少なくとも一人に確認してもらうようにしましょう。

また構成案とは別途、検索意図を振り返られるようメモ書きするのもおすすめです。

(4)記事執筆

構成案を作成し問題がない状態になったら、実際に記事執筆を行います。SEOライティングでは以下の項目に気をつけながら、記事執筆を行いましょう。

● 見出しに対策キーワードが入れられているか(不自然な場合はなくても可)
● h2とh3の親子関係は適切か

特に2つ目の「h2とh3の親子関係」に関しては、ズレやすい部分でもありますので注意が必要です。ここでいう親子関係とは、h2=親、h3=子として、h3の内容がh2内に含まれているかどうかという点です。

具体的にはh2が「節約料理のレシピ」であるのに、h3で「もやし(=節約に役立つ具材)」を持ってきた場合はどうでしょうか。この場合、h2とh3が親子関係になっておらず、不自然で論理性のない記事コンテンツになってしまいます。

またSEOライティングには、最適だとされる文章の型が存在します。ここではその中でもよくSEOライティングに用いられるPREP法について説明します。

PREP法

PREP法とはSEOライティングと相性の良い文章の型で、結論→理由→具体例→結論の順に文章を書いていく方法です。

● POINT:結論
● REASON:理由
● EXAMPLE:具体例
● POINT:結論

それぞれの見出し内でこれら4つの要素を順番に説明することで、分かりやすく、かつ論理性のあるSEOライティングに最適化された記事執筆が可能です。

特に初心者の場合は、まず一つひとつの見出しをPREP法に沿って執筆しましょう。そうすることで、よりスムーズにSEOライティングのコツを掴めるようになるはずです。

(5)記事投稿、リライト

記事が完成したら、いよいよ記事投稿の段階です。ここで注意する必要があるのが、ただ単に記事を入稿すれば良いわけではないことです。

先述の通り、WEBメディアは離脱されやすい特徴があるため、ユーザーにストレスなく読んでもらう工夫を凝らしていきましょう。具体的には以下の内容を抑えると良いとされています。

● 100~200文字程度で一度改行を行い、文字を詰めすぎない
● 適宜画像や動画などを挿入し、ユーザーが一息できるポイントを作る

成果が出るまで早くても1ヶ月、長いと3ヶ月〜半年ほどかかるとされているSEOライティング。しかし思うような成果が出ない場合は、公開されてからもユーザーの反応を踏まえ、適宜リライトを行うことが大切です。

SEOライティングの質を高めるポイント

質の高いSEOライティングを行うことで、より上位表示されやすく、CV率も高まります。そんな質の高いSEOライティングを行うために、ポイントとなる二点を紹介します。

E-A-T

質の高いSEOライティングを行うために重要なポイントの1つ目は、E-A-Tという要素を記事内に満たすことです。E-A-TとはGoogleが発行するGoogle品質評価ガイドラインに載っている造語であり、SEOライティングにおいて重要視されています。

● Expertise(専門知識)
● Authoritativeness(権威性)
● Trustworthiness(信頼性)

上記3つの要素からなるE-A-Tですが、最近のSEOでは特に重要視されています。

記事コンテンツ上ではプロフィールの掲載も含め「誰が記事を執筆あるいは監修したのか」という権威性を踏まえることが、SEOでの高評価につながっています。

オリジナリティ

オリジナリティも質の高いSEOライティングを行うために重要なポイントです。

最近では上記で説明したE-A-Tの要素がWEB上の記事コンテンツでも重要視されていることから、権威性や信頼性が担保されている官公庁や大手企業のコンテンツが上位表示されやすい傾向にあります。

したがって、個人ブログや新規ドメインのメディアはなかなか上位表示されにくいデメリットがあります。

しかし独自の取材やアンケートなど、官公庁や大手企業が行なっていない、独自のコンテンツを発信できれば、強い競合とも差別化できるだけでなく、真似できない唯一無二のコンテンツが出来上がります。

SEOでも独自性のあるコンテンツは評価が高く、上位表示されやすいため、記事内にどれだけオリジナリティを加えられるかが鍵だといえるでしょう。

SEOに強いライティングは、権威性と信頼性が大切

これまでSEOライティングの方法を中心に、SEOライティングの質を高めるポイントなどを説明しました。

SEOライティングは大まかな流れはあるものの、変化が早い分野のため、常に最適なライティング方法を見出す姿勢が重要になるでしょう。

今や個人でも、気軽に情報発信ができる時代になりました。そんな時代だからこそ、権威性と信頼性が担保されていない記事コンテンツはあっという間に淘汰されていくでしょう。

そのため今後のSEOライティングでは、今まで以上に権威性と信頼性の担保が大切だといえます。

SEOで評価されるコンテンツ制作なら、専門家@メディア

専門家@メディアは、専門的知見を有するその道のプロが130職種、2,000名在籍しており、エビデンスに基づいた高品質の記事が作成可能です。

ただし専門家の知見を借りたいと思っても、その知見をSEOライティングとして形にするのは別途労力がかかります。

その点、専門家@メディアでは、SEOライティングに強みを持つ編集者が在籍しているため、SEOに最適化された記事作成が可能です。

今後より重要視される、権威性・信頼性の担保。専門家による執筆あるいは監修はSEOライティングでも最重要項目だといえるでしょう。

アップデートにも強く、中長期的に資産となりうる記事コンテンツ作成をお考えの場合は、ぜひ専門家@メディアにご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました