記事のリダイレクトとは? オウンドメディアではSEOにどんな影響がある?

SEO

オウンドメディアの運営において、リダイレクトは非常に重要な役割を果たします。
そこで今回は、成功するオウンドメディアに欠かせない「リダイレクト」について、注意すべきポイントも含めてご紹介します。

リダイレクトとは?

リダイレクトとは、該当のページに訪問した際、自動的に別のページへ転送する仕組みのことを指します。
そして、リダイレクトを設定する目的としては、主に以下が挙げられます。

・サイトの移転に伴い、旧サイトに訪れたユーザーを新しいURLへ転送する。
・サイトをリニューアルするため、ユーザーを一時的に別のURLへ転送する。
・スマホからのアクセスであれば、スマホサイトへ転送する。

上記のように、リダイレクト設定をおこなうことで、ユーザーの体験を損なうリスクを回避することができるのです。

リダイレクトはSEOにどう影響する?

サイトの移転などをおこなう際、リダイレクトを設定していないと、以前までのGoogleの評価はリセットされてしまい、検索順位が落ちてしまいます。

そのため、移転前のURLの情報やGoogleの評価を新しいURLに引き継ぐためには、リダイレクトが必要不可欠なのです。

リダイレクトの種類と設定方法

301リダイレクトと302リダイレクトの違い

リダイレクトの設定には、主に次の2種類が存在します。

301リダイレクト

恒久的にURLを変更する際に設定する。
例)サイトリニューアルをおこない、元のURLに戻す予定がない場合

302リダイレクト

一時的にURL変更する際に設定する。
例)一時的にページURLを変更して、一定期間で旧URLに戻す場合

リダイレクトの設定方法

リダイレクトの設定方法としては次の4種類があります。

htaccessを使ったリダイレクト

Webサーバーが「Apache」であり、サーバー上で「.htaccessファイル」を利用できることが条件。SEOにおいて推奨されているリダイレクト設定方法。

PHPを使ったリダイレクト

PHPをHTMLファイルの先頭に記述する方法。htaccessを使ったリダイレクトでは条件分岐が複雑になってしまう際などに利用

JavaScriptを使ったリダイレクト

リダイレクト元のページ内の「scriptタグ」にリダイレクト用のJavaScriptを記述する方法。

HTMLのmetaタグを使ったリダイレクト

metaタグの「http-equiv属性」に「refresh」を設定する方法。

リダイレクトを設定する際の注意点

リダイレクトの設定を進める際には、以下の注意点に気をつけましょう。

リダイレクトの設定先を確認する

そもそものリダイレクト先のURLが間違っていると大事故にも繋がりかねません。そのため、設定先のURLに関しては、必ず念入りにチェックしましょう。
また、リダイレクト先をすべてTOPページにしてしまうケースもありますが、できればそれぞれ対応するページにリダイレクトするように設定しましょう。

リダイレクトの処理を確認する

正しく設定したつもりでも、サーバーに上げただけで実際は正しく処理されていないケースなども考えられます。そのため、設定後は必ず正しくリダイレクトできているかどうか確認しましょう。正しく設定したつもりでも、サーバーに上げただけで実際は正しく処理されていないケースなども考えられます。そのため、設定後は必ず正しくリダイレクトできているかどうか確認しましょう。

SEOにマイナス効果! Googleが警告する不正なリダイレクトとは?

リダイレクトの設定は、正しく実施すればSEOにプラスに働きますが、中にはマイナスに働く「不正なリダイレクト」が存在します。

例えば、検索エンジンにはリダイレクトを設定していないが、ユーザーの流入経路ごとにリダイレクトを設定して、異なるコンテンツに誘導することなどが該当します。
また、本来のページとはまったく異なるスパムサイトにリダイレクトが設定した場合なども、上記の不正なリダイレクトに当てはまるので注意しましょう。

リダイレクトを正しく理解し、安定したオウンドメディア運営を!

リダイレクトの設定は細かい作業になりますが、安定したオウンドメディア運営に欠かせない重要な役割を担っています。

リダイレクトの役割と設定方法を正しく理解して、オウンドメディア運営に活かしていきましょう。

専門家@メディアは、130種類・2,000名の多種多様な専門家によるコンテンツの制作支援をおこなうプラットフォームです。審査に通過した専門家に記事を執筆/監修してもらうサービスなので、Googleに評価される「質の高いコンテンツ」を提供することができます。

また、内部にディレクター/ 編集者がいるため、専門家との進行・調整、記事の品質担保など、進行に必要な作業はすべてお任せいただけます。社内リソースに不安がある場合や、ワンストップで依頼したい場合などは、WordPressの構築から請け負うことも可能です。

・記事制作がしたいけど、どうやって専門家に記事を書いてもらったらいいかわからない
・テーマに対してどの専門家さんをアサインしたらいいかわからない
・記事制作がしたいけど、どのように体制を作ったらいいかわからない
・記事の質を向上させたい
・リソースがなくてまわらない
・既存の記事に問題がないかが心配なので、監修を入れたい

そんな課題をお持ちでしたら、ぜひ一度専門家@メディアを試してみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました