YMYLとは?Googleが注力する分野での効果的なSEO対策を解説

SEO

YMYLとは医療や金融、住宅情報など、人の人生に影響を及ぼす要素の大きいジャンルを指しています。YMYLジャンルはGoogleからの厳しい監視が入るために、官公庁や大手企業のサイトが多いのが特徴です。

YMYLジャンルでデタラメや間違った情報を発信するとペナルティが発生し、最悪裁判沙汰やサイト閉鎖につながることもあります。そのためYMYLジャンルにおける情報発信は、通常以上に注意が必要です。

この記事ではYMYLの対象ジャンルや特徴、効果的な施策まで、YMYLの概要をまとめてお伝えします。

YMYLとは

YMYLとは”Your Money Your Life”の略であり、「人々の幸福や健康、経済的持続性・安全性に大きな影響を及ぼす可能性の高い分野」としてGoogleが特に注意を払っているページの種類を指します。

YMYLはGoogleが作った造語であり、Google社が公式に発表する、検索アルゴリズムを作成するにあたっての品質評価指針が示されているGoogle品質評価ガイドラインに記載されています。

検索エンジンから評価される良質なコンテンツの制作には、ユーザーファーストの視点が欠かせません。
YMYLはユーザーへの影響度が高いことから、Googleは特に厳しくチェックを行なっています。

なぜGoogleはYMYLジャンルを重視するのか

YMYLをGoogleが重要視するようになった背景には、専門的知見や信ぴょう性の薄い情報がWEBメディア上に広がっており、ユーザーへの悪影響が問題となったためです。

例えば医療ジャンルを例に挙げてみると、かつて「肩こりがひどいのは霊のせい」といった信ぴょう性のない素人が書いた医療情報が、WEBメディア上に大量に出回っていた時期がありました。

医療情報は文字どおり人の命にかかわることであり、専門的知見や信ぴょう性を欠いた情報はユーザーに悪影響がもたらす可能性が高く、最悪の場合人命にかかわる恐れもあります。

このような事態を受け、GoogleではYMYLと呼ばれる特定ジャンルに関して、より一層厳しいチェックを敷くようになりました。

YMYLの対象ジャンル

YMYLの対象となるジャンルは、人々の健康や人生に影響力の大きい分野が中心となります。
かつてYMYLジャンルといえば、頭文字のとおりMONEY(お金)とLIFE(医療・健康)が主流でした。
しかし昨今はWEBコンテンツを閲覧する人が増えています。その影響力の大きさを勘案し、対象ジャンルも増えました。最近では大学選択やフィットネスの分野まで広がってきます。

ここでは主要な7つの分野を中心に、YMYLの対象となるジャンルを見ていきましょう。

医療

YMYLの対象ジャンルとして代表的なのは、医療情報です。医療情報で検索順位上位を得るには、医師を始めとした医療従事者が監修あるいは執筆しているとする権威性を示すことが重要です。

医療情報は人命にかかわる可能性が非常に高いことから、官公庁や大手企業といった信頼が担保されたメディアが上位表示されやすい傾向があります。

健康・サプリメント

健康やサプリメントもYMYLジャンルの一つです。健康やサプリメントの訴求というと、「このサプリメントを飲めば2日で5kg痩せる」といった、誇張表現が横行していることが少なくありません。

サプリメントは医薬品でなく健康補助食品であるものの、飲み方を間違えれば健康被害が出ることがあります。

そのため上記のような信ぴょう性が薄く、ユーザーを煽るような表現はGoogleからペナルティを受けかねませんので注意が必要です。

住宅

YMYLジャンルには住宅情報も含まれています。住宅情報にはマイホームの購入や住宅ローンのほか、不動産投資などが含まれています。

多くの人にとって、不動産やマイホームの購入は一生に一度の大きな買い物です。住宅購入の選択は、その人の人生に多大な影響を及ぼします。

加えて住宅情報は専門用語も多く、素人には分かりにくくなっています。仮にYMYLジャンルに住宅情報が内包されていなければ、不動産のプロが素人を騙すようなコンテンツに溢れる可能性も否定できません。

人生に多大な影響を及ぼすことと、専門家と素人の間で知識の差が大きいことから、住宅情報はYMYLジャンルの一つとして、Googleから厳しいチェックを受けています。

金融

金融情報もYMYLジャンルの一つです。金融情報は、株式投資や年金、保険に関する情報が該当します。

金融情報も住宅情報と同様、人生への影響度が大きく、専門家と素人の間では知識の差があることから、YMYLジャンルに含まれています。

行政・政治・法律

国会や選挙、外交などさまざまな国や行政の情報や、法律情報のページの一部もYMYLジャンルに該当します。
具体例としては、離婚や親権、遺言書の作成などに関する情報がYMYLジャンルの対象です。

最新ニュースやイベント

最新ニュースやイベント、災害時の情報などもYMYLジャンルに含まれます。

有名人の自殺報道などセンシティブなトレンドニュースを扱う場合、自殺相談窓口を案内するなど、ユーザーへの配慮が求められています。

職業選択

職業選択は、最近になってYMYLジャンルに入った分野です。人生の大部分を占める仕事だからこそ、職業選択の重要性が高いとGoogleは考えているのです。
記事コンテンツの中には、転職サービスといった職業選択に関係性の高い分野において、職業の優劣や、特定の職業の優位性を主張するものも少なくありません。

しかし職業選択という人の人生に大きな影響をもたらす可能性の高い分野においては、安易な職業選択への導線はおすすめできません。

キャリアカウンセラーや経験豊富な採用コンサルタントなど、職業選択のプロフェッショナルに監修・執筆を行ってもらう、相談窓口を設けるなど、ユーザーに権威性を示し、配慮することが大切です。

その他、人生に影響を及ぼしやすい分野(フィットネス、栄養、大学選択など)

上記のほかにもフィットネスや栄養、大学選択など人の人生に影響を及ぼしやすい分野はYMYLジャンルに指定されています。

YMYLページの特徴

YMYLページは医療や健康、金融など人の人生に影響力の高いものが多いですが、全体を通して共通する特徴はあるのでしょうか?

ここではYMYLページが共通でもつ2つの特徴を説明します。

官公庁や大手企業サイトが多い

1つ目の特徴として、YMYLページは官公庁や大手企業サイトが多いことが挙げられます。

YMYLページは人の人生に影響度が高いことから、Google側も情報の取り扱いに細心の注意を払っています。そこで重要になるのは信頼の置けるコンテンツであるかどうかという点です。

信頼の置けるコンテンツを作成するには、専門家の知見を借り、正確な情報を伝えることが重要です。加えてコンテンツを発信するメディア自体の信頼性が大切です。

Googleは信頼の置けるコンテンツかどうかを判断する指標として、専門家が監修・執筆している点と、メディア自体の信頼性を採用しているといわれています。

メディア自体の信頼性は官公庁といった一次情報を扱うサイトや、ドメインランクが強く社会的な影響力の大きい大手企業のサイトが高く評価される傾向があります。

そのためYMYL分野では、必然的に官公庁や大手企業サイトが多くなります。

取り扱いに注意する

YMYLジャンルの二つ目の特徴として、取り扱いに注意しなければならない点が挙げられます。

どんなYMYLジャンルにせよ、人の人生に少なからず影響を与える可能性はあります。そのような分野であるからこそ、安易な情報発信は控えるべきです。
少しでも不安要素がある場合は、言及しないか、記事公開そのものを再検討することをおすすめします。

YMYLジャンルで信頼性が薄く、安易な情報発信を行うと、メディアや運営会社の信頼性が損なわれるだけでなく、最悪の場合、裁判沙汰になる可能性も否定できません。

個人や新規メディアでYMYLジャンルの記事コンテンツを執筆することは基本的におすすめできませんが、もしそれでも執筆する場合は細心の注意を心がけてください。

YMYLジャンルで効果的な対策

YMYLページは官公庁や大手企業の優位性が高いことから、個人や新規メディアではおすすめできません。
しかしYMYLジャンルの商品やサービスを扱っている場合などは、避けたくても避けられません。

ここではYMYLジャンルにおける効果的な対策を4点お伝えします。

E-A-T(専門性・権威性・信頼性)

YMYLジャンルで効果的な対策として、E-A-Tと呼ばれる、専門性・権威性・信頼性の3点を含んだ記事コンテンツを執筆することが大切です。

E-A-TとはYMYL同様、Google品質評価ガイドラインに掲載されている造語であり、それぞれExpertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)を指します。

専門性とは、記事コンテンツが専門的な情報を提供できているのかを指しています。また権威性では、第三者が信頼を置けるよう、コンテンツの発信者が専門的知見を有するなど、権威性を担保できるかどうかが重要視されています。

さらに信頼性は上記の専門性・権威性を踏まえた上で、ユーザーが信頼に足るコンテンツだと納得できるかという観点です。

上記の3点はいずれも相互に関連し合っており、YMYLジャンルで良質なコンテンツを作成するには3点すべての指標を取り入れることが大切です。

情報の出典先を明確にする

2つ目にYMYLジャンルで効果的な対策として、情報の出典先を明確にすることが挙げられます。

例えば官公庁や大学などの統計資料や論文を根拠に記事を執筆する場合、引用あるいは参照した情報の出典先を必ず明記する必要があります。

YMYLジャンルでは情報の信ぴょう性がより重要視されていることからも、記載を忘れないようにしましょう。

執筆者/監修者のプロフィールを記載する

執筆者や監修者のプロフィールを記載することも、YMYLジャンルで効果的な対策です。

YMYLジャンルで記事コンテンツを執筆する場合、専門家に執筆や監修をお願いすることが一般的です。

誰が執筆/監修したのかをプロフィールに添えて明記することで、ユーザーに権威性や情報の信ぴょう性をより強く伝えることができます。

YMYLジャンルの記事コンテンツは権威性が重要

ここまでYMYLの対象ジャンルや特徴、効果的な施策まで、YMYLの概要をまとめてお伝えします。

医療や金融、住宅、職業選択に至るまで、人の人生に影響を与える要素の強いYMYLジャンル。

そんなYMYLジャンルで良質な記事コンテンツを作成し、SEOの評価を高めるには権威性が重要です。権威性を保つには、特定の分野に精通している専門家の知見を記事コンテンツにいかに反映できるかが鍵になります。

専門家@メディア

専門家の知見を記事コンテンツに反映できれば、権威性だけでなく信頼性や専門性も同時に担保され、SEO的にも効果があると言われています。

専門家@メディアは、130職種のプロの知見をもとに、SEOに強い記事が作成できる、企業向けコンテンツ制作支援を行うプラットフォームです。

上記に加え、専門家@メディアでは編集者が内部にいるため、高いクオリティの品質が担保されています。YMYLジャンルに強く、長期的に資産となる記事を作成するなら、専門家@メディアにご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました