ホワイトハットSEOとは?ブラックハットとの違いや手法などを解説

SEO

本記事では、ホワイトハットSEOの手法や知っておきたい知識について解説しています。真似してはいけないブラックハットSEOとの違いを把握して、Google検索で自社サイトの上位表示を目指しましょう。

ホワイトハットSEOについて

自社サイトを多くの人に見てもらいたい場合、SEOを意識したサイト構築が必須です。その際に有効な手立てが「ホワイトハットSEO」と呼ばれています。ホワイトハットSEOの意味や特徴を詳しく解説していきます。

ホワイトハットSEOの意味

ホワイトハットSEOは、Googleが定めたガイドラインに則ってサイトを構築し施策を行うことで、Google検索で上位表示させる手法です。Googleが定めたガイドラインにはさまざまなものがありますが、基本的には「利用者の役に立つかどうか」という目線が大切です。従って、利用者から好まれる内容はGoogleからも評価されます。

ホワイトハットSEOの特徴

一言で言えば、ホワイトハットSEOとは正攻法のSEOのことです。Googleを欺くのではなく、正しい情報を利用者に伝える基本姿勢がホワイトハットSEOの特徴だと覚えておきましょう。

ブラックハットSEOとは

ブラックハットSEOは、ホワイトハットSEOとは真逆の考えです。「利用者にとって使いやすく役に立った結果、検索順位があがる」という理念とは反対に、Googleを欺き不正に検索順位をあげようとする施策をブラックハットSEOと呼びます。

Googleは「クローラー」を巡回させてWebサイトの情報を集めますが、クローラーはロボットであるため、その裏を掻こうと考える人も少なくはありません。実際にかつてはクローラーの穴をつく手法が主流な時代がありました。しかし、現在こうした手法で順位は上がりにくくなっています。

ブラックハットSEOの手法

ブラックハットSEOで用いられる手法には以下のようなものがあります。

・有償で外部リンクを買い、サイトの繁盛を装う
・自動作成プログラムで意味不明な文章を掲載する
・隠しリンク・隠しテキスト
・人気サイトのコピー

「リンクを買う」とは、外部サイトに自社のWebサイトのURLを、料金を払って貼ってもらうことです。URLをたくさん貼ってもらえたサイトは「人気がある」「多くの人に注目されている」としてGoogleを騙せました。

自動作成プログラムは、文章として違和感がある場合でも、キーワードを盛り込みたい場合に有効でした。意味をなさない単語を並べておけば、Googleは「必要な内容が盛り込まれている」と判断していました。

隠しリンクや隠しテキストは、キーワードやリンクをサイトに盛り込みつつも表面上は見えないようにし、利用者とクローラー両方を欺くSEOです。

また、丁寧に作られた人気サイトをコピーして、Googleから評価される手法などもありました。

いずれの手法も、一切利用者目線に立っていない行為といえます。

スパムと判定されるSEO

このような不正な施策を行い、それをGoogleが見つけた場合、スパムと判定されるおそれがあります。スパムと判断されてしまうと、検索順位の下落や検索エンジンから弾かれるなどのペナルティがくだります。

また当該Webページだけでなく、ドメイン全体がペナルティ対象です。ペナルティを受けてしまうと再び検索順位をあげることは容易ではありません。

ブラックハットSEOが終了した背景

かつては多く行われていたブラックハットSEOですが、現在このような施策を行うサイトは大きく減少しました。その理由は以下のようなGoogleによるアップデートが定期的に行われているためです。

ペンギンアップデート

ペンギンアップデートでは、以下の違反を取り締まっています。

・有償で得たリンク
・自作自演のリンク

このアップデートにより、上記のリンク施策は意味をなさないものになりました。

パンダアップデート

パンダアップデートは以下の違反を取り締まり、より高品質な内容のWebサイトを評価する変更です。

・コピーした内容
・低品質なコンテンツ

ほかの人気サイトを真似ただけだったり、キーワードを盛り込んだだけだったりする低品質な記事は検索順位が下がり、利用者の目に触れにくくなりました。

ホワイトハットSEOの手法

順位を上げるための不正施策は取り締まり対象のため、あらためて「ユーザー目線に立った高品質な記事作り」を考えていきましょう。ホワイトハットSEOの具体的な手法には何があるか、以下で解説していきます。参考にして、正攻法で多くの人から愛されるWebサイトを作成してください。

検索結果に適しているタイトルと概要の作成

タイトルや概要は、検索意図を汲み取った内容にしましょう。タイトルは記事の内容を簡潔に説明して、利用者に「読みたい」と思ってもらう必要があります。また、概要ではさらに詳しく解説し、記事に何が書かれているかを伝えなくてはなりません。

検索結果を見た利用者が「こんな記事を探していた!」と感動できるタイトルや概要を作成してください。

リンクテキストの記述

リンクテキストとは、Webページ内のリンクに言葉で説明を付け加えた状態です。英数字が並ぶURLリンクでは、利用者もクローラーもそれがなんのリンクなのかすぐに把握できません。わかりやすいように、URLリンクにはテキストも記述していきましょう。

画像の最適化

画像の最適化とは、画像にalt属性を記載することです。alt属性は、「画像が何を示しているか」を簡単に説明した文章です。

クローラーは画像を認識できないものの、テキストなら把握可能です。クローラーにも画像を認識してもらうと、Google検索結果において、画像を表示させやすくなります。

ホワイトハットSEOで気を付けるポイント

ホワイトハットSEOを行う場合、気を付けておくポイントがいくつかあります。丹精込めて作った自社サイトを多くの人に役立ててもらいつつ、Googleから評価してもらいましょう。

Google Generalガイドラインを準拠

Google Generalガイドラインには、Googleが定めたSEOの基礎知識から上級者向けのテクニックが記載されています。Google Generalガイドラインによると、検索エンジン用に最適化する方法には、以下のようなものがあります。

  1. わかりやすい説明を記載する
  2. 完全な情報を記載する
  3. 話題性を考慮する
  4. 最新の状態に保つ
  5. テキストを使用する
  6. 第三者に紹介してもらう
  7. 専門家を雇う

もちろん上記以外にもGoogleによって検索エンジン最適化させる情報が多く盛り込まれています。ホワイトハットSEOの施策をする際は、Google Generalガイドラインを参考にわかりやすいページ作りをしていきましょう。

良質なWebサイトを作成する

Googleが求めているのは、常に利用者目線に立った良質なWebサイトです。利用者が読んで満足する内容を作り続けていけば、自然とアクセス数も増えるでしょう。

たとえば、Webサイトはテキストが重要だと説明しました。その理由は、検索エンジンは画像を認識する能力が低いため、テキストに頼らざるを得ないからです。

しかし、Webページを見てくれる利用者はどうでしょうか。文字ばかりのページでは読む気が起きず、途中で離脱してしまうケースも考えられます。利用者が理解しやすいWebページを目指すならば、画像・イラスト・図解の掲載があるとわかりやすくなるでしょう。

良質で役に立つとは何か、常に考えていきましょう。利用者目線に立つと、自然と良質なWebサイトを作成できます。ページを見に来てくれた人の役に立つ内容を最優先にする行為が、ホワイトハットSEOに繋がる施策です。

技術対策をする

良いWebサイトを制作しても、技術対策をしていないと利用者に満足してもらえません。少なくとも以下の2点は最低限押さえておきましょう。

・スマホから閲覧しても見やすい

・ページの読み込みを速くする

近年ではスマホでWebページを閲覧する人が増えています。パソコンだけでなく、スマホでも閲覧しやすいWebページでなくてはいけません。また、画像をたくさん使ってわかりやすくしても、ページが重くなって読み込みが遅くなると、利用者はストレスを抱えます。

いずれも、技術対策で解消される悩みです。スマホから閲覧しやすいように文字の大きさやデザインにこだわりましょう。そして、読み込みが速くなるよう画像を圧縮するなど細やかな配慮で、ページの表示速度は速くなります。

読者は知りたい情報にたどり着くまでの過程において、ストレスを感じると脱落する可能性が高いです。できる限りの対策をして、快適なサイトを作りましょう。

ホワイトハットSEOで正攻法のSEO対策を実施しよう

ホワイトハットSEOは正攻法での対策で、多くの人から認識してもらえるようになるまでに時間がかかります。しかし、現在では不正に順位をあげる行為をしても無意味で、Googleのインデックスから消されてしまうなどデメリットしかありません。

利用者の目線に立って、丁寧なWebサイトを作ればGoogle検索からも必然的に認められます。正しい方法で、多くの人の役に立つコンテンツを作り上げてください。


専門家@メディアは、130種類・2,000名の多種多様な専門家によるコンテンツの制作支援をおこなうプラットフォームです。審査に通過した専門家に記事を執筆/監修してもらうサービスなので、コンバージョン率の向上に繋がる「質の高いコンテンツ」を提供することができます。

また、内部にディレクター/編集者がいるため、専門家との進行・調整、記事の品質担保など、進行に必要な作業はすべてお任せいただけます。社内リソースに不安がある場合や、ワンストップで依頼したい場合などは、WordPressの構築から請け負うことも可能です。

・記事制作がしたいけど、どうやって専門家に記事を書いてもらったらいいかわからない
・テーマに対してどの専門家さんをアサインしたらいいかわからない
・記事制作がしたいけど、どのように体制を作ったらいいかわからない
・記事の質を向上させたい
・リソースがなくてまわらない
・既存の記事に問題がないかが心配なので、監修を入れたい

そんな課題をお持ちでしたら、ぜひ一度専門家@メディアを試してみませんか?

専門家@メディア編集部

専門家@メディアは、130職種・2,000名の多種多様な専門家による、専門性が高く、信頼・価値のあるコンテンツ制作支援を行うプラットフォームです。経験豊富な編集者が多数在籍し、お客様のご要望に沿った質の高いコンテンツ制作をサポートいたします。

専門家@メディア編集部をフォローする
SEO
専門家@メディア編集部をフォローする
専門家@メディア
タイトルとURLをコピーしました