ライターや専門家に記事執筆を依頼するメリットとは? 良さを引き出す方法もご紹介します!

SEO

オウンドメディアには記事制作が必須です。記事を作成するためには、自社のリソースが十分にある場合をのぞいて、ライターや専門家の協力が不可欠です。そこでこの記事では、ライターや専門家に記事の執筆を依頼した場合のメリットや、良さを引き出しメディアの価値をあげていくための方法を解説していきます。オウンドメディアを運営している方やこれからメディアをスタートしたい方は参考にしてみてください。

ライターに依頼するメリット:リソース確保とクオリティの担保

まずはライターに記事の執筆を依頼するときのメリットをお伝えします。

いいライターは、コストを削減できる

ライターを確保すると、時間的なコストを削減できます。オウンドメディアを運営する場合、記事のクオリティはとても重要です。しかし、運営側は記事の執筆以外にも行わなければいけない作業が多いため、自ら記事を執筆すると、時間が足りないといった状況が生まれる可能性が大いにあります。

そのため、社内や社外であっても、ライターを育てる・確保することによって時間的なコストを削減可能できるでしょう。

記事の発注金額を考えると、社外ライターの方が人件費よりもが高くつく可能性が高いです。業界にもあまり精通しておらず、執筆力の低いライターの場合には、社内の修正コストがかかってしまい、結果的に楽にならない、といった状態も発生します。

しかし、支払う金額に見合うレベルのライターを確保することができれば、最終チェックだけで社内作業を済ませられる可能性があります。そのため、いいライターはコストを削減できる、と言えるのです。場合によっては、編集作業を外部痛くするものよいでしょう。

重要な業務に集中できる

前述したように、運営側は単に記事を作成すればいいというわけではなく、メディア全体の管理や、企画、構成、タイアップの調整、社内調整、など行うべきことがたくさんあります。また、記事は公開後の結果などをふまえて、リライトなどの改善を繰り返していく必要があります。

いいライターを確保し、社内工数を削減することで、空いた時間を上記のような業務に充てられる点は大きなメリットだといえるでしょう。単なる記事公開だけをとっても、以下のような業務が発生します。

・編集
・事実確認や校正、校閲
・公開後の結果の分析

日々の細かな運用、改善をしていくだけでも、相当な時間が費やされます。

メディアのスムーズな運営を行うためにも、質のよいライターを確保することが重要といえます。

専門家に依頼するメリット:記事の質・信頼性・権威性の担保ができる

次に専門家に記事執筆を依頼した際のメリットをご紹介します。専門家による情報は、記事の質や、メディア自体の信頼性・権威性を高める場合ことができます。

記事の品質を担保できる

専門家による記事の執筆や監修を入れることで、情報に対して信頼性・品質・権威性を確保できます。加えて、常に専門分野に関わっているため、最新情報や未来の情報についてもいち早く取り入れることが可能です。

現在、多くの情報がインターネット上で収集することが可能です。しかし、それを正しく使えるかどうかは、一部の情報だけでなく、業界全ての情報を網羅的に把握できているかにかかっています。また、業界特化型のメディアの場合でも、社内の担当者が情報に精通しきれていない場合もあります。そのような場合にも専門家の知見が非常に役に立つでしょう。

場合によっては、記事テーマや構成のアイディアを専門家からもらうことも有効です。
専門家は、常に情報が必要なユーザーと対面で関わっているため、どのような情報が実際に役に立つかといった、現場目線も付与できるため、読者にとって価値のある記事が作成できるでしょう。

Googleなどの検索エンジンからの評価を高めることができる

オウンドメディアの記事は検索エンジンを通してユーザーの目に触れることが多いため、検索エンジン、とくにGoogle の存在は無視できません。記事に対して、執筆(もしくは監修)した専門家の名前(クレジット)が掲載されていることは、Google から評価されるため基準のひとつでもあります。これは、誰がその発言をしているかを示す「権威性」を高めることにつながります。

Googleの評価指標には「E-A-T」と呼ばれる、Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、 Trustworthiness(信頼性)というものが存在すると言われています。専門家が記事に携わることで、これらの質を担保することができるのです。

とくにYMYL(Your Money or Your Life)と呼ばれる、お金や命に関わる内容のテーマについては、Googleの評価が厳しいといわれています。キュレーションメディアの問題も過去にはあったため、読者も見る目は以前よりもシビアになっているでしょう。専門家が関わっていることによって、 Google から評価されやすくなるのはもちろん、読者の信頼を獲得できるというメリットが生まれます。

ライターや専門家の良さを引き出す・伸ばすためのポイント

ライターや専門家に執筆してもらううえで、良さを引き出す・伸ばすポイントについて解説します。

ライターが執筆しやすい環境を整える

社内・社外どちらであっても、ライターにとって執筆しやすい環境を整えることが重要です。例えば、働きやすい環境として以下のような点が大切になります。

・編集者やディレクターとコミュニケーションが取りやすい
・編集者からライターへのフィードバックは言葉に配慮している
・信頼関係を構築していくことができる

信頼に基づくコミュニケーションが取れる環境は、働きやすい環境だといえます。オウンドメディアの運営では、記事の修正やリライトの依頼を行うことも多く、理由が明確であること、ライター側で気がついたことがあれば提案できるといった、双方向のコミュニケーションが取れる環境であることが大切です。

記事に見合った報酬を支払う

ライターの実力や結果に見合った報酬を支払うことが、ライターのモチベーションを引き出し、安定的にお付き合いしていけるポイントとなります。運営者は費用対効果をどうしても考慮してしまうものの、ライターも常に費用対効果を意識している点は変わりません。

ライターとしての実績や記事のクオリティ、難易度にあわせて、単価を変更するなどの制度を明確化することも重要です。もちろん、文字数も考慮しましょう。

依頼する内容を明確に周知する

ライターに依頼する場合は、どこまでの作業範囲を依頼したいのかを明確にしましょう。
テーマ選定、構成案の作成、写真選定、入稿、など記事にまつわる作業はさまざまあるため、今回の記事ではどこまでをお願いしたいのか、を明確にすることで、進行してからのトラブルを減らすことができます。

依頼する内容も十分に整理した上で、止むを得ない場合を除き、当初の依頼から大きく変更がないように進めることが肝要です。もし大きな変更が発生してしまい、ライターへの負担が大きくなってしまう場合には、追加費用なども検討するのが良いでしょう。

記事のカテゴリーに精通した専門家を選定する

専門家の専門分野は多岐に渡ります。ひとつの領域の中でも、一般の人が思っているよりも専門分野が細分化されているケースは多々あります。
専門領域の異なる専門家をアサインしてしまった場合、記事の品質が正しく担保されない可能性が出てしまいます。専門領域を十分に見極め、ふさわしい専門家を確保することが重要です。

専門家に記事の執筆や監修を依頼する際には十分な打ち合わせをおこなう

ライターに依頼する際と同様に、作業範囲を明確にし、十分な打ち合わせを行いましょう。
その領域・分野に心血を注いで、プライドを持ってお仕事をされている方々ばかりのため、メディアの方向性と専門家の主張が折り合わないケースも考えられます。
記事で訴求したいポイントを十分に伝えた上で、両者にとって最適な着地点を探ることが重要です。

なるべく全体像を共有する

記事に携わってもらうライターや専門家が期待以上の効果を出すためには、どのような目的のためにメディアを運営していて、その中でもどういう狙いがあってこの記事を作るのかといった全体像から共有する必要があります。
全体の目的が把握できていないまま記事の作成をしてしまうと、ピントがずれた結果になってしまいかねません。ターゲットのペルソナや、起こしたい態度変容についても共有しておきましょう。

また、コンテンツマーケティングに関する情報を提供することも、ライターや専門家に想定以上の成果を出してもらう上では必要です。どんなにいい記事を作ったとしても、読者の目に触れなければ意味がありません。お互いが協力して、良い記事を作っていくという目線で、情報レベルに差を作らないことがポイントです。

また、同様のカテゴリの記事を継続して執筆してもらうことも効果につながるでしょう。書き手側もノウハウが溜まり、慣れてくるため、スケジュールの短縮やクオリティ向上が期待できます。

ライターや専門家へとのやりとり(ディレクション)の外注も検討しましょう

ライターや専門家とのスムーズな記事制作の進行には、コミュニケーションをするための十分なリソースだけでなく、経験やノウハウが重要です。とくにメディアを開始したての場合には、リソースもなく、ノウハウもない状態のことも多いかと思いますので、一連の作業を外注してしまうことも検討しましょう。

記事の制作や編集、ライターや専門家とのやりとりを常日頃から行っている業者であれば、社内で全て抱える場合よりもコストを抑えることが可能でしょう。また記事の品質も担保できるため、より重要なタスクへとリソースを集中することができます。

たくさんの記事を安定的に作成しようとする場合には、数多くのライターや専門家とコミュニケーションをとる必要があります。メールやチャットでのやりとりで1日が終わってしまった…ということも決して珍しい話ではないでしょう。コミュニケーションコストを甘く見ると、痛い目に合います。

もし一連の作業を業者に全て依頼できた場合には、1〜2人の担当者とのやりとりで済ませられるため、精神的にも負担を減らせるのは間違いありません。

専門家やライターによる執筆とディレクションは専門家@メディアにご相談ください!

専門家@メディアでは、6年間300社以上のコンテンツマーケティングを支援してきた経験とノウハウ、150職種2,000名の専門家とのやりとりのノウハウから、オウンドメディアのスムーズな記事制作をサポートすることが可能です。
経験豊富な編集者が、ライター、専門家とのやりとりはもちろんのこと、記事の編集まで対応しますから、信頼性・質・読みやすさの担保をすることが可能です。

記事制作に少しでもお悩みを抱えていらっしゃいましたら、ぜひ一度、専門家@メディアへお問い合わせください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました